天佑なり (上) 高橋是清・百年前の日本国債 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.97
  • (5)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041031711

作品紹介・あらすじ

足軽の家に養子となった少年、のちの高橋是清は、英語を学び、渡米。奴隷として売られる体験もしつつ、帰国後は官・民を問わず様々な職に就く。生来の勉強家は、現場経験を積んだことで不世出の銀行家に――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高橋是清が、米国時代に奴隷にされたという話は聞いたことが有ったんですが、こういう事だったんですね。短期間で奴隷から抜け出られて良かったです。

    後半は、官僚として頭角を現していく様を描いています。小説なので、事実そのままではないと思いますが、それでも、優秀だったんですね。

  • 歴史ものなのでどうかな、と思いましたが、人物の魅力か非常に興味深く読み進められました。
    金融分野に強い作者ならではの視点も魅力アップに寄与しているように思います。

  • 日本経済を何度も救った男・高橋是清。
    奴隷として売られていったアメリカで英語力を身に着け、帰国後は官に民にと活躍し、彼一流の財政センスで日本の経済危機を救った男の前半生。

全5件中 1 - 5件を表示

天佑なり (上) 高橋是清・百年前の日本国債 (角川文庫)のその他の作品

幸田真音の作品

天佑なり (上) 高橋是清・百年前の日本国債 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする