椿姫 (角川文庫)

制作 : 西永 良成 
  • KADOKAWA/角川書店
3.62
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041031940

作品紹介・あらすじ

美貌の高級娼婦マルグリットはパリの社交界で金持ちの貴族を相手に奔放な生活を送っていた。だが、青年アルマンに出逢い、彼女は初めて「愛」というものを知る。パリ近郊の別荘に駆け落ちした二人だが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 闕貞キ晄エ区イサ縲朱℃蜴サ繧偵b縺、莠コ縲上h繧翫?

  • オペラをね、観に行くことになったのでね。息子さんの方はこの歳になってお初。
    いやー、しかしなぁ。
    愛は素晴らしいと思うよ。心の動きの描写も正直だ。
    でもなぁ…。
    これだけはどうしても言いたい。「ねぇ、暇なの!?働こうよ!」
    時代が違うからね。分かってるけど。それにしてもなぁ。

  • 光文社のがどこにもなく、出版元に確認してもなし。古本屋で2500円……

    新潮社のものはキラキラした表紙で綺麗でしたが、ツルツルした紙質に字も大きく読みにくいため、角川のにしました。
    それも大きかったですが、まだぎりぎり読める感じ。
    翻訳者も大事ですが、出版元で紙質や字のサイズも気になると感じた1冊でした。

  • 切ない…。
    オペラ「椿姫」での楽曲、乾杯の歌しか
    知識のなかったので、こんな物語だったのか。
    いつの時代も、身分違いの恋は王道だけれど
    初めて自分を打算抜き愛してくれる存在にあった為に訪れた悲劇。

  • 純愛を描いた名作ということで手にとってみたが、正直思っていたほどの感動はなかった。
    相手を慮って身を引く、そして片方の死という王道的なパターンではあるが、原因を生み出した自身の行動にも問題があるのでは…と思わざるを得なかった。

  • 青年貴族と高級娼婦の純愛。

  • 高級娼婦マルグリット・ゴーティエと青年アルマン・デュヴァルの純愛物語。
    二人は、お互いがお互いを想うあまり、すれ違いと仲違いをしてしまう。最後のほうは、マルグリットが可哀そうで切なくて、胸がしめつけられた。
    恋愛とはどういうものかを考えさせられるお話。

  • オペラで有名な『椿姫』の原作翻訳書。
    純粋な愛の悲しい物語。
    マルグリットの気持ち、よくわかる。

全8件中 1 - 8件を表示

椿姫 (角川文庫)のその他の作品

椿姫 (角川文庫) Kindle版 椿姫 (角川文庫) デュマ・フィス

デュマ・フィスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
サマセット モー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

椿姫 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする