白鯨 (上) (角川文庫)

  • KADOKAWA/角川書店
2.86
  • (3)
  • (0)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 160
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041031957

作品紹介・あらすじ

イシュメールは捕鯨船ピークォード号に乗り組んだ。船長エイハブの片脚を奪った巨大な白いマッコウクジラ“モービィ・ディック”への復讐を胸に、様々な人種で構成された乗組員たちの、壮絶な航海が始まる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • レビューは下巻にまとめました!

  • 昔から有名な文学作品の1冊ですがどちらかと言うと翻訳が分かりづらく意味不明な部分も結構あるが船乗りの勇猛果敢な物語と言う感じです。またキリスト教的な考え方と物語のストーリーが交差していて、味わい深く一度は文学作品として読んでみると良いでしょう。

  • 怒涛の引用ラッシュに始まり、主語が頻繁に入れ替わったり、1.5ページ以上になる長い1文だったりで、非常に読みにくかった。
    思っていたよりも航海に出るまでが長かったり、航海に出てからも鯨が出てくるまでが長かったり、うまく出来すぎている感がないところはすごく現実的で、フィクションによくある「現実感のないまとまりのよさ・話の流れ」みたいなのを胡散臭く感じる人には面白く感じるのかも。

  • 捕鯨と鯨に関わる歴史文化論が続く。
    登場人物の描写が、詳細で凄い。
    完読出来るか不安。ようやく、下巻に辿り着きました。

  • 通勤電車で読んでいましたが、とにかく内容を読解するのにかなりの集中力が必要でした。感想としては、物語は単純なのですがかなり蛇足と思われる部分が多い。息継ぎなしで持久走をしているような感覚です。
    下巻は少し間をおいてからにしようかと思います。

  • 冗長さが全体のクオリティを下げているような気がするが,書記を疑わせるような記述は現代にも繋がっていると思う。

  • 白鯨上 #読了

    文章量に圧倒されまくり

    捕鯨船に懸けるクセのある男たちの話を読んでるはずなんだけど、こっちも鯨に挑んでるかのような文章の熱量だった

    下巻はさらに分厚い本と物語待ってる

  • 2021.09.30読了。
    今年9冊目。

  • これはワンピース。面白いので下巻も読んでみます

  • 【バケモノの子】でも出ていたのを思い出し、NETFLIXの【B: The Beginning】でも出てきてて気になって図書館で借りる。
    頑張って読み進めるもなかなか話が頭に入ってこず、苦労して何とか流し読み。
    キチンと読み切ることができなかったので、評価せず。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(1819年8月1日 - 1891年9月28日)ニューヨーク出身。著作は代表作『白鯨』の他、『代書人バートルビー』『ビリー・バッド』などがある。

「2015年 『白鯨 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

メルヴィルの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×