階段坂の魔法使い やさしい魔法は火曜日に (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 山下 ナナオ 
  • KADOKAWA/角川書店
3.96
  • (8)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041032466

作品紹介・あらすじ

手紙を動物の姿で送る“鳥獣郵便”の工房で働き始めたジュディ。だけど元婚約者の魔法使いルイスとの距離は遠いまま。そんな中、彼女に芸術家たちが集まる晩餐会の招待状が届く。意を決してルイスを誘うけれど――?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もふもふ描写が増えていて嬉しかった。
    郵便局仲間も色々ありそうで楽しみ。

    主人公、もうビクターの正体に気づいてそうな気がする。

  • ヴィクターの肝心な所で一歩引いてる情けなさが絶妙で、応援したくなります。
    ジュディの呪いがあるから踏み出せない気持ちも良く分かってもどかしい。
    幸せになって欲しいなと思います。

  • 詳しい感想は3冊目で。

  • 相変わらず、英国風味な絶妙ファンタジー。
    やっと!やっと!

  • 呪いをかけられた鳥獣郵便局の主人である魔法使いルイスは、出会いの気まずさから、青年ヴィクターや狼のリンの姿での三重生活でジュディの周りをウロウロしております。
    そんな不器用な二人の恋愛面での成長はかなりのもので、かける言葉を間違ってしまうルイスの苦い気持ちも、どんどん自信を失い気持ちが折れていくジュディにも、キュンキュンです。
    ファンタジーに、英国の歌や作家の話を少し加えてリアリティーを出しているあたり、粋です。ここ最近で一番気に入っております。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-5131.html

  • ネット時代から読んでいた糸森さんの中世ロマンス第2弾。
    前回の事件から少し自分に対して見方が変わったジュディ。
    しかし体質は変わらないし、結婚も魔法使いに断られた彼女は、呪いを解くことも結婚することもなく、手酷く扱われた魔法使いに対して想いを寄せつつ、魔法郵便の職員として働いていくことを決める。
    しかし、そんなジュディに対して怒りに任せて冷たい態度を取ってしまった魔法使いは後悔していた。心根が優しいが故に、怒りも憎しみも飲み込んで、幸せを諦める姿は魔法使いとしては歯がゆくてしかたがない。
    獣に変身し、魔法郵便の一種だと誤解させたままジュディから可愛がられ、人間の姿に戻りジュディにちょっかいを出し始める。
    正体を知っている他の職員はそんな姿を白い目で見ているが。

    人間ヴィクター=獣リン=魔法使いルイスのややこしい正体はどうバレていくのか楽しみではある。
    これから魔法使いの呪いのことも明らかになっていくのかな。

  • 【ネタばれ感想注意】

    シリーズ2冊目。

    前巻で起きた鳥獣郵便暴走の件も一段落して、ジュディは郵便工房員の仲間達にも認められ平和な日々を過ごしていました。
    そんな中、国営郵便局に新しい局長が赴任してきたと同時に、鳥獣郵便を利用する人達がパタリと減少してしまいます。
    どうやら鳥獣郵便が依頼先へ届いていない事故が時折起きているようで、ジュディ達は調査に乗り出します。
    魔法使いルイスへの恋心を自覚したジュディでしたが、相変わらずルイスとは疎遠のままで、ヴィクターとは鳥獣郵便を使っての文通を続けていました。

    前巻に増して、リンの仕草が可愛くて癒されました(笑)!

    ルイスと対立しているエドモンドもまた、先祖の呪いの影響を受けた被害者でもありました。
    その呪いを解く為に、ルイスの治める土地を狙っていた事が判明します。

    …悪魔の姿で生まれたエドモンドが地下牢に閉じ込められ生きてきた過去を思うと、ジュディじゃないけど切なくなりました。
    悪役にも悪を選んだ理由があった…みたいな設定は、相手を憎みきれなくなるので本当にずるいですよね。
    もしかすると、これからエドモンドの双子の兄弟も登場してくるのでしょうか。

    そして、ラスト近くで、工房仲間のブランドンの正体が明かされます。
    もしかして、これからも巻が進むにつれ工房仲間の出自が明らかになる展開なのでしょうか!
    楽しみになってきました!

    ラストのヴィクターの手紙の暗号のエピソードは、手に汗握りながら一気に読んでしまいましたー!
    ラスト2行の破壊力が半端なかったです!
    こんなに幸せな気分で1冊の本を読み終えたのは本当に久し振りです。
    遂に両想いになったジュディと「ヴィクター」ですが、3巻の展開が楽しみです♪

  • シリーズ2巻目。火曜日。
    眠らせ姫のジュディと、悪名高い異形の魔法使いルイス(ヴィクターでありリンでもある)の仲がだんだんと近づいていく様子にモヤモヤしつつニヤニヤしてしまう(笑)しかし、2人とも素直じゃないですな。天邪鬼なルイスはリンの姿の時しかジュディに素直に甘えられないし、ジュディはジュディで今までのことがあるから他者と深く関わることに恐れていて、胸がときめいてしまうヴィクターから逃げてしまう不器用さが切なくて愛しい。
    そんなある意味似た者同志な2人が少しずつ素直になっていく様子をもう少し読んでみたいです。水曜日も発売するといいな。まだまだ呪いの謎もありそうだしきっと続きが発売するよね!そう期待しておこう。

  • ジュディとヴィクター、進展しましたー!ちょっと泣けたわ。天邪鬼気味なヴィクター、もっふもふなリンと譲歩というか気持ち優しくなった魔法使い。ジュディの気持ちも愛、愛情、尊敬。大盤振る舞いですわ!これ全部持ってけ泥棒!みたいな。糸森さんは言葉遊びが上手ですね。他社の黙示録シリーズも然り。ところで、"スコットランドヤード"という言葉に反応したあなた!(私もです)リージェンシーロマンスいかがですか?(笑)そのうちボウストートとか出てきそうだなぁ。エドモンドの呪いも酷いもんです。みんなの呪いもとければいいのに!

全9件中 1 - 9件を表示

階段坂の魔法使い やさしい魔法は火曜日に (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

糸森環の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

階段坂の魔法使い やさしい魔法は火曜日に (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする