SUPER LOVERS (8) (あすかコミックスCL-DX)

著者 : あべ美幸
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年8月1日発売)
3.74
  • (14)
  • (29)
  • (24)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :304
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033005

作品紹介・あらすじ

季節はバレンタイン間近。学校でなぜか近づいてくる天才児・榎本瑛に零は本能で警戒するが、瑛には何か理由があるようで? 一方、着々と(色んな面で)成長をみせる零に晴は…? 見逃せない第8巻!

SUPER LOVERS (8) (あすかコミックスCL-DX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとマンネリ気味...

  • 1巻~8巻、ほぼイッキ読み。

    いい男がわんさか!?
    なはずなのだが、年寄りは保険医のおっさんしか・・・(汗)



    心理描写が・・・自分とかけ離れた人々なので(当たり前だが)・・・難しいね。


    ひとつの悪意が無くなったと思ったら、また別の、もっと厄介な悪意が出てきて・・・古高とかいう英語講師が不気味でキモイ・・・や~ね(笑)。

    お金持ちのナツに付きまとうお兄さんの真意も全くわからんし。
    瑛くんは、少しかわいくなったかも。

    8巻まで読んでもさっぱりわからないのだが、レンレンの大きな瞳にはヤラレる!ということだけはわかる(爆)。

  • レンが高校生だから、これが精いっぱいなのかもな〜

  • ホント進まないなぁ… ハルとレンレンの事じゃなく周りがガヤガヤしすぎてる。榎本はホントにあんな理由でレンにちょっかいをかけていたの?と脱力したよ… こういう細々したトラブルよりハルたちの仲を進展させて!とBのLを求めてる私としては思ってしまうのです… 新しい先生も出てきて、ちょっと怪しいと思うのは気にしすぎじゃないよね… きっと彼も何かしら絡んでくるんだろうな。 話自体は楽しいと思うし、絵は綺麗で眼福もの、蒔麻や亜樹、篁先生とか好きなキャラもいるのでこれからも読みますが、何度でも言っちゃいます、進展をお願いします!

  • 声を聞いただけなのに、何でこんなにも簡単に、頭も体も言うことをきかなくなるんだ———?

    何かと話題の海棠家4兄弟——長男・晴、双子の次男&三男・亜樹と蒔麻、その誰とも血の繋がりのない末っ子・零。
    なぜか自分を敵視する天才児・榎本瑛から絡まれる日々に苛立ちを募らせつつも、零の目下の悩みは卒業後の進路。その上、思春期&成長期の心と体は、零本人にもコントロール不能で…⁉︎
    そばにいすぎるからこそ気づけない。それでも一秒もキミの変化を見逃したくない———…。
    苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子の4兄弟が贈る一筋縄じゃいかないトラブル・ラブ第8巻‼︎
    描き下ろしも収録♡

  • (感想)

    2人の進展具合がですね…。 

    今回は前巻の続きの部分と
    今回だけで完結した部分と
    新しく始まる部分とが組み合わされてたんですが、
    その中に主役2人のラブラブ度が足りない!
    と思うのは私だけではないはずです。 

    瑛がレンレンに対して意地悪なのは理由が解ったから良し。 
    途中のお店の被害も理由がわかったから良し。 
    だけど最後に胡散臭い教師が出てきたよね…。 
    なんだかずかずかとレンレンに入り込んできそうで嫌な感じ。 
    いろんなお話が読めるはいいのですが、ちょっと欲張りすぎ? 
    もう少し減らして2人の進展スピードの強化を求ム!!! 

    もうどうせなら篁先生とナツの方を先に進めてくれてもいいよ?

  • このところ全く二人が進展しない・・・読んでて飽きてきた感が若干いなめない。。
    毎回新刊出るごとに買ってたけど、2-3巻溜まったらまとめて買おうかな・・・

  • 零とハルの関係は変わらず・・・いや、心理的にはちょっとずつ変わってるんだけど・・・これ最終巻まで何もなしで終わる予感がしてきた(笑)そろそろ大きな変化がほしいところですね。

  • 亀の歩みのような展開ですが、もう慣れてきましたwww
    零くんの身長の伸び加減にハルと一緒に喜ぶしかないですね…思春期の成長ぶりや戸惑いを垣間見て、かわいいとキュンキュンする楽しみ方?
    絵柄がきれいで、登場する男子が全員美形だから8巻まで買っちゃったような気がします。
    登場人物がどんどん増えて話も広がってきて、いろんなエピソードは楽しいですが、広がりすぎちゃってこれ全部最後にうまくまとまっていくのかな?とちょっと心配に。
    カナダと、学校と、お店と、家と、ホストクラブ…と、場面が多すぎて細切れなので話を追うのが忙しいです。

    それでも、ハルと零の日常は微笑ましくて笑えるシーンもいっぱいで、楽しいです。
    特に、絶対最後までは無さそうなHシーンが諦めを通り越して面白いです。甘さもしっかりあるので、ある意味安心感がw
    アニメ化の噂を耳にしたので、それを見極めての1話完結エピの細切れ構成になってるのかなと思ったりもしてしまいました…ただ、あんなに高品質できれいな絵のままでアニメにできるのか心配。顔が崩れたりしたらショックです。

    とにかく、全員最初の本筋をもう忘れそうになってるんじゃないかとww
    記憶の話はどうなってしまったのか…
    それよりも、もっと我を忘れて零に襲いかかってくれるハルを見てみたいです。誰も怒ったりしないから!

全10件中 1 - 10件を表示

あべ美幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

SUPER LOVERS (8) (あすかコミックスCL-DX)を本棚に登録しているひと

ツイートする