羅生門・鼻・芋粥 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.49
  • (5)
  • (8)
  • (24)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 芥川龍之介作品は全部お気に入り。
    中でも「芋粥」には驚きました。
    文章を読んで、あれほどの匂いを
    感じたことはありませんでした。
    「芋粥」って食べ物はなんだかよくわからないけど。
    私も気持ち悪くなったのだ。

  • 芥川は本当に「巧く作られた」ものを書くなあ。『煙管』なんかはデジャヴを感じるほど、この手の掌編は洗練されすぎている。
    誰かが「イミテーションのダイヤモンド」と言っていた。私自身の意見は保留しよう。

  • 美しい文章が醜悪なものを際立たせる。

  • 羅生門すきです。人間の汚い部分を、しかしこれほど肯定して同調できる作品は多くないと思う。

  • 俺が読んだのは昭和三十五年五月三十日発行の三十五版です。
    しかしあまりにも古くてAmazonになかったので発行社が同じ会社のものを。
    皮肉の利いた短編揃いで読んでて痛快な著者らしい一冊。
    が、それでも人間味をよく出している作品が多く一冊でお腹いっぱいになれる本。

全6件中 1 - 6件を表示

羅生門・鼻・芋粥 (角川文庫)のその他の作品

芥川龍之介の作品

ツイートする