トロッコ・一塊の土 (角川文庫 (あ2-4))

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (2)
  • (6)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この書籍には二つの物語が書かれています。「トロッコ」と「一塊の土」です。
    自分的に面白かったトロッコの方を挙げていきたいと思います。
    あるところに少年が居て、彼はいつも一本に続くレールの上にあるトロッコを押したいと思っていた。そんな時にトロッコを使用する工事関係者に会い自分も押したいと頼む。そこからまだ少年が来た事もない野や山にトロッコを押していく、何気ない物語ですが童心に帰れる物語です。

  • 中期の作品。短編。保吉もの(私小説的)なのもある。読んだことあったけど、なんかいい。表題にもなってる一塊の土は必見。そこまではないか。。

  • トロッコ収録。
    なんだか物悲しくなる話しだったような印象。
    好きな作品読み込んじゃうから、こうやって余り読まない作品のことどんどん忘れる・・・また読み返そう。

全3件中 1 - 3件を表示

トロッコ・一塊の土 (角川文庫 (あ2-4))のその他の作品

芥川竜之介の作品

ツイートする