改編 羅生門・鼻・苧粥 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (7)
  • (13)
  • (29)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 153
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033135

作品紹介・あらすじ

大正5年、東大在学中の芥川は、久米正雄・菊池寛らと創刊した第4次「新思潮」に「鼻」を発表、漱石の賞賛を得、異才はにわかに文壇の脚光を浴びた。『今昔物語』に取材の表題作のほか、人生の暗黒を見つめる理知と清新な抒情、卓抜な虚構と明晰な文体は、すでにゆるぎない作風を完成している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ○目次
    「老年」/「ひょっとこ」/「仙人」/「羅生門」/「鼻」/「孤独地獄」/「父」/「野呂松人形」/「芋粥」/「手巾」/
    「煙草と悪魔」/「煙管」/「MENSURA ZOILI」/「運」/「尾形了斎覚え書」/「日光小説」/「大川の水」/「葬儀記」/注釈・解説/吉田精一「芥川龍之介-人と作品」/三好行雄「作品解説」/年譜

    芥川龍之介の青年期の作品も多数含まれているが、なにか熟成したような、人生を俯瞰したかの如き作品になっている。
    「老年」や「ひょっとこ」は敗残した人生や「偽」という仮面を被った人生の虚しさや儚さを見事に描いているし、「鼻」・「羅生門」・「芋粥」のように人間のエゴイスティックな部分を描く。

    「大川の水」のような俯瞰的に見る作品もあれば、「野呂松人形」・「手巾」・「日光作品」のように芥川自身が等身大で美に触れた作品もある。

    また、「尾形了斎覚え書」のような候文の作品が登場するなど、芥川龍之介の引き出しの多さを改めて実感するし、こうした実験的な試みが芥川作品の魅力の一つなのかもしれない。

  • ふと「所謂文芸作品」が読みたくなり手に取ったのがこれです。はい、僕の本棚にも芥川はあるんですね。
    皮肉な視線が小気味よく描かれていて面白い。求めて止まなかったものが、手に入る瞬間に失望へと変わり、最上のものと思えたものが、どうでもよくなってしまう瞬間。それを突き放すのでなく、包み込むように描いているのが印象的でした。そう人間とは暗部含めて人間なのでしょうね。
    美しい文章を読むのは、心地よい音楽を聴くのと同じように、気持ちのいいものです。これもまた本を読む幸せですな。

  • 1915

  • 080503(m 080703)

  • 短編の名手・芥川。なかでも、表題にもある「羅生門」は教科書でおなじみかと。
    人間への鋭くもある種のあたたかさを持つ視線と、サックリしつつも味わい深い文体が魅力。「煙草と悪魔」がお気に入り。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

小説家(1892-1927)。東京帝国大学文科大学英文学科卒業。創作に励むかたわら、大阪毎日新聞社入社。「鼻」「蜘蛛の糸」など数多くの短編小説の傑作を残した。1927年、服毒自殺。

「2018年 『羅生門・鼻・蜘蛛の糸 芥川龍之介短編集 Rashomon, The Nose, The Spider Thread and Other Stories』 で使われていた紹介文から引用しています。」

改編 羅生門・鼻・苧粥 (角川文庫)のその他の作品

芥川龍之介の作品

ツイートする