世界一初恋 ~小野寺律の場合(10)~ (あすかコミックスCL-DX)

著者 : 中村春菊
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年8月28日発売)
3.96
  • (21)
  • (29)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
  • 427人登録
  • 19レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033180

作品紹介

ハッピーエンドのその先って何があるんだろう―――。高野への気持ちに迷いつつ、両想いの先に不安を感じる律。そんな時、杏との婚約が正式に破棄されることになって…?ちょこっとリアルな出版業界ラブ★第10巻!

世界一初恋 ~小野寺律の場合(10)~ (あすかコミックスCL-DX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イチャイチャしたいって直球すぎ~相変わらず好きだわ~

  • ★3.5
    きっと灰谷が今後絡んでくるんだろうなーっていう展開。このシリーズの主人公はへんなやつを引き寄せるフェロモンか何かがあるのか(笑)雪名と木佐カプはそんな好きじゃないなーと今回思った。

  • まだくっついてなかった…!!
    でも確実にあと○日は近づいてきてるので、気長に待ちます。
    ここまで伸び伸びしてると、くっつく前とくっついてからの差別化が大変になるんじゃないかなぁ?くっついてもあんまり変わらないじゃん!みたいな。
    くっついた途端りっちゃんがデレデレになるのが想像つかない。

  • 前まで友達から「この漫画いつまで経ってもくっつかないじゃん。読んでておもしろいの?」って言われても、そこがいいんだよ!うだうだやってて、それでもちょっとずつ見えるか見えないかのギリギリのラインで進んでるの!って思ってたけど、もう限界です。

    なんてったって、最初からこの巻まで私中学生~社会人にまで成長しましたが、くっつく気配は無し。BL漫画でここまで売れる漫画も無いので、終わらせにくいのは分かりますが、もうおもしろさのピークは過ぎたかな、と。高野さんも可哀想ですしね。「俺達ってセフレなの?」って言う気持ち分かります。答えはセフレです。

    毎回のプロットの組み方も何年経っても一緒。2人で揉める→当て馬登場or何か2人にとってのイベント発生→仲直りsex。これ何年やんの?

    それ分かってて毎回買ってたけど、もう我慢の限界来たかなって感じ。買っても展開一緒だし、進まないし。律ちゃんはどんどんメス顔になるし...純ロマと違って、受けが男男してる所が好きだったのになぁ~

    もういいや。
    高野さんの辛いバックボーンとか知りながら、失恋したと勘違いして自分は親の金に物言わせて留学。高野さんが下手に出てる事をいい事にセフレ以上恋人未満。

    あのね~高野さんにはいい人が沢山居て、あんたの育ちに引け目を感じてるけど、それでも良いって言ってるんだよ!高野さんは家族が欲しいけど、それでもあんたが良いって言ってんの!27にもなって過去の事うだうだ考えてんじゃねーよ!

    高野さん頑張れ!
    もう読みません!

  • 初期に比べればお互い落ち着いて言葉にできるようになってて妙なすれ違いが減ってイライラしなくて良い。例えば杏ちゃんのこととか、灰谷さんとのこととか、りっちゃんが経緯を説明するようになってる。
    そういう風に冷静になれるシーンが増えてきたから、りっちゃん本来の人となりとか魅力が見られてより好き。
    絵柄もどんどん変わって、りっちゃんがどんどん可愛くなってる。
    絵柄以外にも、読みながら「いやそれきゅんとこないよパワハラじゃん」とか思っていたことがりっちゃんによって「パワハラですよ」と台詞化されてたり、時代に合わせていこうという意思が見えるなあ・・・と憶測をしてみたり。

  • 胸キュン★★★☆☆   ストーリー★★★☆☆
    エロ  ★★★☆☆     絵  ★★★★☆
    仕事で「いちゃいちゃすること」について悩む律がたまたま会った灰谷。一緒にいるところを高野に見られてあいつには近づくなと怒られる。あまりの高野の剣幕に理由を聞くと、過去に恋愛絡みで灰谷とは軋轢があるらしく・・・。ってことで相変わらす「男同士で付き合ってどうすんの?」とか思いつつ「杏ちゃんと正式に婚約破棄した」とか高野さんに言っちゃうくらいなもう付き合っちゃえよ!とイライラする話なのですよね・・・。
    皇×木佐は木佐の誕生日を祝いたい皇とこれ以上皇と年が離れるのが嫌な木佐のすれ違いラブでした

  • うーん、もうぶっちゃけいいかなぁって毎度毎度新刊が出るたびに思うし、内容もそう変わった事がないし、律っちゃん全然認めないし、あと80日もあんのかよ!って突っ込んじゃったじゃない。まぁ、次巻は灰谷がなんかやらかしそうですが。雪名と木佐の2人の方が楽しくて、歳の差を気にする木佐が可愛いし、雪名も相変わらずキラキラして木佐一筋だし、やっぱり両想いでイチャイチャしてるのを見るのは良いですよね♪ まぁ、高野さんたちも両想いなんだけどさ… 律っちゃんがもうちょっと可愛げあってもいいと思うの!

  • 律ちゃん、だいぶ高野さんのこと好きになってますねぇw 高野さんの押せ押せも段々激しくなりストレートになって参りました。今度は灰谷さんの登場で高野さんがヤキモキする番かな?律の許嫁のことを、実はずっと気にしていたのは本当に萌えた///昔からの先輩後輩が一緒に働くってことは、改めてキュンキュン要素満載だなぁと感じた一冊。続編が楽しみです。

  • 安定!おもしろかったww「律おぼっちゃま」ってのが萌えた

  • 灰谷さん不穏だなー

全19件中 1 - 10件を表示

中村春菊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

世界一初恋 ~小野寺律の場合(10)~ (あすかコミックスCL-DX)を本棚に登録しているひと

ツイートする