スペシャリスト3‐4 (角川文庫)

制作 : 戸田山 雅司  相田 冬二 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年12月25日発売)
3.67
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033586

作品紹介

15年前から続く連続殺人事件が、千波の夫の殉職事件と関係があることがわかる。それは宅間の冤罪事件ともつながり……大ヒッSPトシリーズノベライズ第二弾!

スペシャリスト3‐4 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スペシャリスト 2時間ドラマ 3・4を小説化

    読んでいると自然とドラマのシーンを思い出します。
    ドラマが大好きなんですが、小説も買って手元に置こうと思います(≧▽≦)

  • テレビドラマの脚本のノベライズ小説の第2弾。この手の小説は往々にして面白くないケースが多いのだが、第1第に続き、第2弾も面白かった。

    ドラマも見たが、主人公の背景が面白い。冤罪で10年間、服役していた警察官の宅間善人が、服役中に様々な犯罪の手口や犯罪者の心理を記憶して特別捜査係の刑事として復職するのだ。

    2話を収録しているが、特に最初の宅間が同僚・千波の夫殺害事件の真相に迫る話が面白かった。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スペシャリスト3‐4 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする