怪談専門誌 幽 VOL.23 (カドカワムック 590)

  • KADOKAWA/角川書店
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033869

作品紹介・あらすじ

怪談の原風景ともいうべき幽霊絵画と文芸との関わりを、人気作家や気鋭のアーティストによる寄稿・創作を交えて総展望いたします。国枝史郎「絵画と妖怪趣味」を史上初復刻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幽霊画かー、泉鏡花っぽくて格好いいねー、と立ち読んでみたら、「残穢」のポスター見まして。ひえっ、となり購入してしまいました。
    押切蓮介の漫画、なんでもう一組っ、と脱力で笑えまして、怪談にストイックな部長が可愛かったです。
    紹介されている本も面白そうで気になる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

綾辻 行人(あやつじ ゆきと)
1960年京都市生まれ。京都大学教育学部在学中、京大推理小説研究会に所属。研究会同期に、後に結婚する小野不由美がいる。1982年、同大学大学院教育学研究科に進学。1987年、大学院在学中に『十角館の殺人』で作家デビュー。講談社ノベルス編集部が「新本格ミステリー」と名付け、その肩書きが広まった。1992年大学院を卒業後、専業作家に。
1990年『霧越邸殺人事件』で「週刊文春ミステリーベスト10」1位。1992年『時計館の殺人』で日本推理作家協会賞長編部門を受賞。2011年『Another』で「ミステリが読みたい!」1位。2018年第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。
主な代表作として、デビュー作『十角館の殺人』以来続刊されている、長編推理小説「館シリーズ」。

綾辻行人の作品

ツイートする