FAILING FAST マリッサ・メイヤーとヤフーの闘争

制作 : 長谷川 圭 
  • KADOKAWA/角川書店
3.93
  • (2)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033883

作品紹介・あらすじ

かつてヤフーはインターネットの先駆者だった。しかし、グーグルやフェイスブックなど急成長してきた勢力に押され、迷走を続けている。その立て直しに抜擢されたのが、元グーグル副社長のマリッサ・メイヤーだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヤフーって、知っているようで知らないことがたくさんある会社。
    改めて時系列に沿って会社の成長、凋落を見ていくと面白い!グーグル、フェイスブックをうまく買収していたら、もしかしたら世界一のインターネットカンパニーになっていたかもしれない。そう考えると、チャンスを掴むか手放すかというのは本当に紙一重なんだろうなあ。

  • Yahoo はこんな感じだ
    情報検索の負け組のイメージがあるが
    社名も変わらず
    ネットアクセスも多いようなので
    利用価値が未だにあるのか?

    美人である
    google で知名度を上げても 手腕はなかった
    女性が働きやすくなるイメージを作ったと思われるが ただそれだけか

    日本の yahoo = softbank 校長のようなので別の会社なのかと思えるほどだ

  • Twitter創業物語のような生々しい物語。マリッサから見たYahoo!やGoogleがものすごく面白い。

  • Yahoo!の栄枯盛衰(というか転落)をたどる実録モノ。まだまだ現在進行形で、本の内容自体は2014年頃までのことだけど、読み終わって現CEOマリッサ・メイヤーを検索したら、業績が悪くてまた解任話が出てるとか。アメリカのネットベンチャーは一度投資家たちに目を付けられると、自分たちのために楽しみながら作っていたことが、彼らの(金儲けの)ためにバージョンアップし続けなければならなくなる。それで迷走しちゃう。迷いながら走り続けるのってしんどいな。UIデザイナーでCEOになったマリッサ・メイヤーのお話だと思ったらそうではなくて、Yahoo!を通じてひととおりアメリカのネットベンチャーの流れや人物たちを学べたのはありがたかった。ただ名前がたくさん出過ぎて途中でしょっちゅうわからなくなってしまった…。覚えてるのはキャロル・バーツ、テリー・セメル、くらい?UI系の情報ルートで知ったからちょっと違うかもだけどカテゴリはデザインに。

  • yahooメールが初めてのメアドで、途中からGmailに乗り換えた自分が読むと、その裏ではこんな人間ドラマがあったのか、と興味深く思わせてくれる。IT業界の裏に、強烈な個性とそれに関する人間ドラマがあることを痛感。
    Yahoo!は既に強みを失っているように見えるので、果たして本当に復活できるのか、これから目が離せない。

全5件中 1 - 5件を表示

FAILING FAST マリッサ・メイヤーとヤフーの闘争のその他の作品

ニコラス・カールソンの作品

FAILING FAST マリッサ・メイヤーとヤフーの闘争を本棚に登録しているひと

ツイートする