アンゴルモア 元寇合戦記 (3) (カドカワコミックス・エース)

著者 : たかぎ七彦
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年6月26日発売)
3.93
  • (10)
  • (18)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :116
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033982

作品紹介・あらすじ

対馬に陸続と上陸する蒙古軍に一矢報いるため、夜襲を仕掛けた対馬軍!だが、女真族出身の征東軍副元帥・劉復亨が驚異的な戦闘力で迎え撃つ!身内の裏切りもあり苦境に立つ朽井!危機を脱することができるのか!?

アンゴルモア 元寇合戦記 (3) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3巻でやっとモンゴル来襲から1日目終了。史実では対馬にモンゴル軍が留まっていたのは、9日間。1巻で要請された7日間の足止めは達成しているわけですが、それが迅三郎たちの作戦成功なのか、モンゴルの余裕なのか。作中では占い師の託宣で決まっていました。陸続きでないので、中継地を確保しなればなりませんから、じっくり攻めたのかもしれません。9日間が長いか短いかはわかりませんが。

    佐須の戦から国府へ帰る輝日姫一行を迎えたのは、モンゴルの別動隊に侵略された国府の惨状。奇策と夜襲で一矢報いてきた後での、圧倒的戦力に対峙した無力感。輝日の激情が折れかけた心を、反抗にまとめます。が、現状は相変わらずジリ貧の消耗戦。
    モンゴル軍が対馬去るまであと9日。

  • 元寇戦記3巻目。

    敵方の登場人物も徐々に明らかになってきました。
    ストーリーは国府が落とされ、戦意喪失の中で朽井は「何のために抗うか」と問いかけます。楽な相手だから戦う、困難な相手だから戦わない。効率的、効果的?な姿勢に対しての問いかけです。しびれました。

  • フビライの尖兵側に少し焦点が当たる巻。

  • いよいよ鑓が出て、多民族との戦でもあり、とにかく「どう戦っていくか」が楽しみになってくる巻。

全5件中 1 - 5件を表示

アンゴルモア 元寇合戦記 (3) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

たかぎ七彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アンゴルモア 元寇合戦記 (3) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする