アンゴルモア 元寇合戦記 (4) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.97
  • (9)
  • (16)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :107
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041033999

作品紹介・あらすじ

山間の隘路を撤退する朽井達に、モンゴル人の若き将軍ウリヤンエデイが迫る!見通しのきかない曲がり道を巧みに利用し、ゲリラ的な待ち伏せ攻撃を企図する対馬軍は、蒙古軍を振り切ることができるのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は迅三郎の人となりを掘り下げ過去の話を清算し、後半で一気に話を急展開させてきた。誰が誰と誰のために戦っているのか絡み合う日本とウリヤンエディ以外人物がほとんど描かれていない蒙古側との対比が面白く不気味。

  • 安徳帝との対面。帝が口にした義経とのかかわり。モンゴル軍で感じる義経流の臭いもあるし、伝奇はワクワクして仕方がない。対馬には安徳帝の生存伝説があるそうで、歴史の面白さってそういうところにあるんです。
    二月騒動での、北条時宗の立ち回りが悪い人です。政治上の駆け引きで、御家人の不破を利用して執権の権力強化図った、という出来事なのだろうけど悪い人だ。
    鎌倉北条氏の悪者イメージはなかなか根深いね。

  • 元寇戦記4巻目。

    「おまえの戦はお前自身にしか決められない」いかに自分の人生に意味を見出すか、人の死というのは問いかけるテーマが重いね。

    ストーリーは朽井の過去が明らかになり、時の執権時宗と安徳天皇の登場。ますます先が読めなく、次巻が楽しみです。

  • 幕間。北条政権下の暗黒期

  • 結局出てこないか
    もう少し引っ張ると思っていた帝が
    出てきて驚き。
    こういう姿形での登場か。
    ホント、続きが気になる引きだ。

全6件中 1 - 6件を表示

アンゴルモア 元寇合戦記 (4) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

たかぎ七彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アンゴルモア 元寇合戦記 (4) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする