バベル九朔

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
2.86
  • (12)
  • (56)
  • (240)
  • (108)
  • (17)
本棚登録 : 1105
レビュー : 201
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041034644

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わたしの理解力の弱さからか、
    よくわからなかった

  • え?わからん。

  • 不思議な感じの物語でした。

    万城目さんは奇想天外さが魅力でもあるけど
    ちょっとわからなくなりそうな感じだった。

    無駄な妄想が…なんて発想は面白かった。
    だけど、SFチックに、呪文のような感じになってしまうと
    ちょっとどうかな~みたいになってしまった。

    こういう堂々巡りみたいなパラレルワールドは
    森見さんっぽいけど、ちょっと疲れてしまった。

    建築物が大好きな万城目さんらしいと言えばそうかもしれないけど……。

  • 長編なので読了するのに時間がかかりました。

    読んでいておもしろくないことはなく、引き込まれて読んでいる部分もあったし、文章も悪くないのですが、どうにも最後までスッキリしないまま終了。

    うーん、ラストもう少しわかりやすく終わらせてくれたら、と思ったりします。

  • 今までの本は、現実と作り物のスレスレが楽しかった。
    この本は半分過ぎても、難解な説明ばかりで楽しく読み進めなかった(私が老いたか)。バベルの説明?ルール?が続くわりには、大きな何かが起こりそうなのに起こらないというか。
    ココを楽しむ本なのか。それにしては、ココが長すぎてダレた。

    途中から、最後まで読んでもスッキリしないような気もしてきていたが、まさか。

  • あいかわらずのファンタジーやな~

  • 村上春樹の世界感を、なんというかもっと乱暴かつ卑近なものにした感じ。あまり好きではない

  • 冒険ファンタジーとでもいいましょうか、宮部みゆきさんが書きそうな物語です。
    ただ、宮部さんなら主人公は中学生とかでしょうけど。
    少しわかりにくかった。

  • 2016.09.27

  • サングラスを外したらカラスの目ってのは、そりゃぁ怖いよね。

全201件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

万城目学の作品

ツイートする