バベル九朔

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
2.85
  • (12)
  • (56)
  • (240)
  • (109)
  • (17)
本棚登録 : 1105
レビュー : 201
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041034644

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館でジャケ借り。

    なんか単調。カラス女のエロスにしか、興味がわかなかった。

  • 閉じた世界で同じ風景が続き面白く無かった
    しゅららぼんの世界に繋がってる?

  • 俺を追ってくるのは、夢か? カラスか?
    作家志望の雑居ビル管理人が巻き込まれた、世界の一大事とは――。
    作家志望の「夢」を抱き、 雑居ビル「バベル九朔」の管理人を務めている俺の前に、ある日、全身黒ずくめの「カラス女」が現われ問うてきた……
    「扉は、どこ? バベルは壊れかけている」
    巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生、店子の家賃滞納、小説新人賞への挑戦――
    心が安まる暇もない俺がうっかり触れた一枚の絵。
    その瞬間、俺はなぜか湖で溺れていた。
    そこで出会った見知らぬ少女から、「鍵」を受け取った俺の前に出現したのは――
    雲をも貫く、巨大な塔だった。

    巻き目ワールド全開ながらも、ちょっと置いてけぼりくらった感じ。

  • 爺さん酷いとしか。
    結局主人公が犠牲になったのか。
    自分の夢が実現する世界云々は昔どこかで
    読んだような気がする展開。世界を私するとか。

  • 最後がよくわからない…パラレルワールド?
    時間まで戻るとループしない?
    漆黒・巨乳のカラス女が印象強い。
    旧作の鹿男あをによしとかの方が好きかな~色々と明快で。

  • ネタバレです注意!

    うーん。。。序盤はよかったけどなあ。。
    なんか、ラピュタ要素をあちこちに勝手に感じてしまい。。。空中爆発のとことか。。言葉にすることが肝なかんじのとことか。。(バルスじゃん、、みたいな、、)この塔の世界を意のままにしたい“王”ていう表現とかさ。。

    雑居ビル×烏のよくある光景から、異世界へ物語の扉がひらくかんじはとてもすきなんだけどなあ。
    結局大九朔の企みの目的も、さいごにギリギリ起死回生みたいにつながったかんじも、消化不良だった。だれが敵で、だれが味方だったの???四条さん(現実の)はもっとキーマンだとおもってたのにそれも外れたし。
    管理人も冴えないまま翻弄されたかんじ。うむむ。脳内だけではうまく描けなかったのかもしれん。少年漫画の原作とかにしてもっとヴィジュアル膨らませていったら、読みやすい、かも。。うーん、力不足でした。(私の読解能力が。

  • 出だしは面白いので興味深く読んでいたが
    異次元の世界に引きずり込まれたあたりから
    「?」
    のオンパレード。
    作者にしかわかっていない(わかりえない)設定の中で
    敵と味方が入れ替わり、幻想が織り込まれ、
    何だか本当に延々と階段を上っていくような錯覚と疲労感にとらわれる。
    少しでも共感できたら幻想を共有できたのだろうけど、
    まったく入りこめない。
    ラストも唐突。

    壮大な自慰行為につき合わされた感じ。

    プリンセストヨトミや鴨川ホルモーは面白かったけど、
    しばらくこの著者の本はいいや。

  • 読んでいて何をどう楽しめばいいのかわからなかった。

  • しゅっちゅう出てくるカラス女の胸の谷間が、何かに使われるのかと勝手に期待してしまった。
    作品にタイトルが付けられない不甲斐なさが脱出ポイントになるところが凄く格好良い。
    井伊直行っぽいと思ったの何故だろう。洪水になったら完璧だけど。

  • 独特の仮想ワールドが他の作品よりも異次元な感じになっている。その仮想感や、主人公一人であれこれ考えを巡らせたり、「カラス女」がその世界を説明して行く表現の仕方とか、メビウスの輪っぽい世界観等、村上春樹の真似をしているような作品だった。筆者としての新境地を狙っているのかな?でもまだ脱皮できていないというか、春樹ワールドを真似ても所詮本家にはたどり着かないというか、今ひとつに感じた。

全201件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

万城目学の作品

ツイートする