バベル九朔

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
2.85
  • (12)
  • (56)
  • (240)
  • (109)
  • (17)
本棚登録 : 1105
レビュー : 201
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041034644

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出だしは面白いので興味深く読んでいたが
    異次元の世界に引きずり込まれたあたりから
    「?」
    のオンパレード。
    作者にしかわかっていない(わかりえない)設定の中で
    敵と味方が入れ替わり、幻想が織り込まれ、
    何だか本当に延々と階段を上っていくような錯覚と疲労感にとらわれる。
    少しでも共感できたら幻想を共有できたのだろうけど、
    まったく入りこめない。
    ラストも唐突。

    壮大な自慰行為につき合わされた感じ。

    プリンセストヨトミや鴨川ホルモーは面白かったけど、
    しばらくこの著者の本はいいや。

  • 異世界へ飛ぶ話。途中から異世界の存在説明ばかりが続きあきる。主人公の九朔自身の心の迷いと焦りを表現したかったのか・・・・?そもそも実家がお金持ちで帰る場所がある主人公がダラダラ生きてるって話・・・?読み手側のご想像にお任せしますパターンは苦手です。

  • 悟りを開いたような話を書いているうちにファンタジーの書き方を忘れちゃったのか?と思いました。

  • テナントビルバベル九朔の管理人兼小説家である主人公がバベル九朔の不思議に飲み込まれていく話。
    怖すぎて、よく分からなくて、途中で断念。
    王様のブランチで特集されてたから借りたけど、全然良くない。

  • わたしの理解力の弱さからか、
    よくわからなかった

  • この人は自分の中で、作品毎に好き嫌いがハッキリ分かれる作家さんで

    鹿男や鴨川ホルモーは大好きだったけど、プリンセストヨトミ、とっぴん
    ぱらりの風太郎は好きになれなかった、本書も然り

    突飛すぎる設定が魅力だと思うんだけど、今作はそれが中途半端な上
    似た様なシーンのループで、ダレ気味になるのを我慢して読み進め
    やっと向えた結末が何かスッキリしない

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

万城目学の作品

ツイートする