バベル九朔

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
2.85
  • (12)
  • (56)
  • (240)
  • (109)
  • (17)
本棚登録 : 1105
レビュー : 201
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041034644

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んだというよりは読まされた。

    理解したかと問われたら
    していない、できなかった。

    面白くないかと聞かれたら、
    ところどころは面白かった。


    こういう時空歪み系はもともと
    苦手なんだけど
    なんとも不思議な作品だった。

  • 鴨川ホルモーから万城目さんのちょっと変な世界が大好きで、また、この頃世間が騒いでいる映画事件なんかもあって図書館でふいっと手に取りました。
    いつになく難解な構成で、あんまりわからないうちにもう読み終えてしまって、ちょっと悲しいです。カラス女が登場するところや、所々での表現の仕方が村上さんと似てきたなと感じます。
    でもこのカラス女、女性には(或いは男性にも)少々不人気かも知れませんね。

  • も~誰を信じて良いのやら、何を信じて良いのやら…(--;)普段、無駄な事ばかりしている私はきっとバベルに取り込まれるぅ(>_<)しかし無駄な事は無いと夢見ていたい(*´∇`*)

  • バベルって何やねん。

    結局よく分からず。
    主人公は相変わらず捻くれてて、ピュアで憎めないキャラ。

    何だか、読んでいて村上春樹を思い出した。

  • 前半はいつも通りの展開。久しぶり。

  • 途中まではとても面白かったけど、最後がよくわからなかった・・・
    けど嫌いではない世界観。
    万城目学の本を読んだのはこれが初めてなので何とも言えないけど、またいつか違う本を読んでみようかな。

  • 途中、先が読みたい!と思いながら読んでたんだけど
    最後の方は、なんかこんがらがってきて、読み疲れちゃった

  • 久しぶりの万城目さん。バベル九朔の管理人をしながら小説家を目指す主人公が、異世界に迷い込んでしまうメタSF(?)
    光と影があるバベル、平行世界に、太陽の使い?どこかで読んだことがあるシチュエーションだなぁと思ってました。

  • うーん、なんとも不思議な話。
    これまでの万城目ワールドとは随分と違う。
    主人公の飄々とした印象や最後にぐぐぐっと話が収束していく感じは同じだけれど。

    ただ、ちょっと複雑に過ぎている。
    これまでの読みやすさがなくなったかな。
    再読すれば、理解が深まるのかも。

    常に懐疑的で状況を受け入れない主人公に共感できないのも難点。
    おかげで読み手もずっとバベルの世界に馴染めない。
    まあ、確かに現代人がこんな状況になれば、多分こうなる。
    そう簡単に受け入れられないよね。
    そりゃそうなんだけど、これはエンターテイメントなんだからさあ、読者を巻き込んで欲しいんだよね。

  • 雑居ビルの管理人でビルに住んでいれば、日々おもしろい出来事に遭遇しそう。だからこそ、小説家志望の者には最適な住まいじゃないか。
    別の世界に引きずり込まれるとかゴメンだな。
    戻ってこられる保証があるなら、まいいっぱい楽しむけど(笑)。

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

万城目学の作品

ツイートする