バベル九朔

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
2.85
  • (12)
  • (56)
  • (240)
  • (109)
  • (17)
本棚登録 : 1105
レビュー : 201
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041034644

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ただの万城目学ファンです(笑)

    この作品いつもとは違うような気がしました。
    もちろん万城目ワールド全開ですが。

    私結局最後がどうなったかよくわかりませんでした(笑)

    バベルと現実世界に主人公が2人いるってことになるんですかね??
    (若干のネタバレすいません)

    若干分からなかったけど、面白かったからよし!(笑)

  • 古いビルの管理人は、デビュー前の万城目さんを連想させますね。リアルで面白いです。
    まだ日の目を見ない小説を書いている時間は無駄なのか。失敗することは意味のないことなのか。そこで終わりなのか。
    負のエネルギーを自在に操り、影の世界を構築したものがいた。そんな世界にもし迷い込んだら・・・。
    主人公の立場から描かれるので、読者も一緒に、何度もだまされてしまう。しまいにどれが現実なのか、誰が味方なのか、この世界を脱することができるのか、わからなくなってくる。しかし、物語の螺旋は次第に収束していき、最後は・・・。
    カラス女は敵なのか味方なのか、黒づくめの少女の正体は?そしてこの世界を創造した者の狙いは何か。

    壮大なSFなのですけど、内省的になりすぎ、難解さが増してしまった感じですが、文学としての完成度は高いと思います。
    昔、文芸カドカワに書かれた長編の始まりみたいな作品が、これになったんですね。

    発表するたびに、毎回違った顔を見せてくれる作家さんです。今後の万城目学に期待を込めて、★4つ。

  • 祖父ののこした古いビルを管理する九朔。烏のような全身黒ずくめの女に出会ってから 不思議なことが起こり始める。目の前の事実は真実なのか夢なのか・・・読むほうもまか不思議な謎に手に汗握る、久々に面白い小説だった。

  • コレは凄いなー。

    以前の作品よりは分かりづらいし、
    登場人物の魅力に欠ける印象は残るけど。

    うん、読んだなーって満足感。

  • なかなか面白いと思った。万城目作品は好きだが、これはなかなか印象的な作品だった。また読みたい。

  • 読了後、あまりに壮大な異世界譚に訳がわからなかったのですが、この小説全体が主人公の九朔満大が3年かけて書き上げた大長編という入れ子型をとっているのかも知れないとも思いました。主人公が3部作と言っていたのもバベル九朔(元の世界)、バベル(大九朔の作った世界)、互いの世界が接続した世界の3つを順に書いていることに矛盾しません。あまりスッキリとしない読了感や壮大すぎる内容は小説家を目指す主人公の拙い部分の現れではないかな、、、というのは考えすぎなのかもしれませんが、そこまで考えて内容を構成していたのだとすると万城目さんには脱帽するばかりです。

  • 現実を超越している点では万城目さんらしいのだが、それにわけのわからなさが加わったという感じがします。
    何が本当で、何が本当でないのか。光と影。そんなテーマだからなのかもしれません。
    章のタイトルも不思議というか良く分かりませんでした。
    核心に迫っていく感じは出ていましたが。
    カラスはやっぱり好きにはなれないです。

  • 万城目学さんの小説はまだ読んでいなかったので、以前テレビで紹介されて気になっていたこの本に挑戦。カラス女と呼ばれる奇妙な人物の存在感に圧倒される。大九朔は本当に死んだのか、オノ・ヨーコのような少女はバベルの外に無事出られたのか、主人公はどのようにしてバベルの管理人としてやっていくのかなど、その後が気になる。カラス女に段々好感を持っていく自分がいた。世界観が私の好みだった。

  • あいかわらずのファンタジーやな~

  • 序盤は今までの作品と違うのかと思わせるような展開。
    と思っていたら、やはり展開される万城目ワールド。
    何が何だか分からなくなりつつも、読み続けてしまう不思議な世界です。

    今までの作品へのオマージュを感じるものの、今までの作品より文学的でその分難解です

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

万城目学の作品

ツイートする