失われた過去と未来の犯罪

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.68
  • (11)
  • (24)
  • (22)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :228
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041034699

作品紹介・あらすじ

ようこそ、謎と人間の新しい可能性へ――。
『アリス殺し』の鬼才が贈るブラックSFミステリ、ここに開幕。

全人類が記憶障害に陥り、長期記憶を取り外し可能な外部装置に頼るようになった世界。
心と身体がバラバラになった今、いくつもの人生(ル・ものがたり)を覚えている、「わたし」は一体何者――?


◆女子高生の結城梨乃は、自分の記憶が10分ともたないことに気が付いた。いち早く状況を理解した梨乃は急いでSNSに書き込む――「全ての人間が記憶障害に陥っています。あなたが、人類が生き残るために、以下のことを行ってください」。それから幾年。人類は失った長期記憶を補うため、身体に挿し込む「外部記憶装置」(メモリ)に頼り、生活するようになった。

◆「わたし」の中には、なぜか何人分もの記憶、思い出が存在している。「替えメモリ受験」をしようとした学生の話。交通事故で子供を亡くした父親の話。双子の姉妹の話。メモリの使用を拒否する集団の話。謎の「声」に導かれ、「わたし」は自分の正体をついに思い出す……。

物語の終幕に、「進化の果て」が浮かび上がる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/3/24(土曜日)

  • 記憶と時間、ライフワークのテーマがまた結実した感じ

  • 【あらすじ】
    全人類が記憶障害に陥り、長期記憶を取り外し可能な外部装置に頼るようになった世界。
    心と身体がバラバラになった今、いくつもの人生(ル・ものがたり)を覚えている、「わたし」は一体何者――?


    ◆女子高生の結城梨乃は、自分の記憶が10分ともたないことに気が付いた。いち早く状況を理解した梨乃は急いでSNSに書き込む――「全ての人間が記憶障害に陥っています。あなたが、人類が生き残るために、以下のことを行ってください」。それから幾年。人類は失った長期記憶を補うため、身体に挿し込む「外部記憶装置」(メモリ)に頼り、生活するようになった。

    ◆「わたし」の中には、なぜか何人分もの記憶、思い出が存在している。「替えメモリ受験」をしようとした学生の話。交通事故で子供を亡くした父親の話。双子の姉妹の話。メモリの使用を拒否する集団の話。謎の「声」に導かれ、「わたし」は自分の正体をついに思い出す……。

    物語の終幕に、「進化の果て」が浮かび上がる。

  • 小林泰三のSFの中では読みやすい

  • 201706
    ある種の思考実験のような小説。
    自我とは、と考え始めると恐ろしくなる。

  • ある日突然記憶を保てなくなった人類のエピソード集。

  • 她思想的回路是好意思。哲学的,真理的和露茜(电影)的。

  • 03/01/2017 読了。

    図書館から。

    SF。
    人間の脳って凄いんだなー。

    こういう設定ってどうやって思いつくんだろうってくらい、
    不思議な感覚でした。

  • 可愛らしい表紙に反して哲学的なテーマを抱えたハードなSF。
    今年暫定ナンバーワン。

  • あらすじ(帯)
    女子高生の結城梨乃は、自分の記憶が10分ともたないことに気が付いた。いち早く状況を理解した梨乃は急いでSNSに書き込む――
    「全ての人間が記憶障害に陥っています。あなたが、人類が生き残るために、以下のことを行ってください。」それから幾年。人類は失った長期記憶を補うため、身体に挿し込む「外部記憶装置(メモリ)」に頼り、生活するようになった。


    まず、記憶障害が起こった直後の出来事を記す第一部。
    10分しか記憶がもたないという設定のため、「思考パターン」の表現はともすれば、くどくなりそうだが、主人公:梨乃の性格にうまく誘導されて、すんなりと物語に入り込むことが出来る。
    その後の人間を描く第二部。
    (厳密には正しくないが)「外部記憶装置」を持つ幾人かの数奇な運命を、それぞれ短編で描くという構成をとっている。

    短編かつ会話が主体なため非常に読みやすく、小難しい理屈抜きでSFを楽しめるものの、重厚なSFを読みたい人には逆にマイナスの要素か。

    人はどこから来て、どこへ行くのか。
    記憶とは何か。魂とは何か。
    こんなテーマが好きな人はぜひどうぞ。

    小林泰三の集大成とまでは言わないが、無意識のうちに過去の作品群から影響を受けていそうな一冊。

全24件中 1 - 10件を表示

失われた過去と未来の犯罪のその他の作品

小林泰三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする