札幌アンダーソング (角川文庫)

著者 :
制作 : あき 
  • KADOKAWA/角川書店
3.14
  • (2)
  • (7)
  • (22)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :145
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041034903

作品紹介・あらすじ

真冬の札幌の雪の中で変態的な全裸死体が見つかった。若手刑事の中野久は、色男な先輩・根来と共に奇妙な事件を調べるが、「変態の専門家」だという美貌の超天才少年・志村春の力を借りることになって……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかく読みやすい。
    この少し変わった設定を楽しめるかどうか、読む側の選択に任せているようにも感じた物語だった。
    春は見たものは全て記憶してしまう。
    だから余計なものは見ないように、普段はアイマスクをして生活をしている。
    極寒の北海道・札幌で路上で全裸で死んだ男がいた。
    この男はいったい誰なのか?
    どうしてこんな住宅地で死んでいるのか?
    そもそも何故全裸なのか?
    謎を解くために根来と仲野は「変態の専門家」である春を訪ねる。
    奇妙な遺体。
    わけありげな遺体の発見場所。
    春は判っている事実から何かのメッセージではないかと予測する。
    超がつくほど変態だけれど、とにかく春が魅力的だ。
    春を取り巻く志村家の人たちと根来たちの関係も、一般的には理解されにくい。
    だからこそ家族の絆は強く深い。

    誰にも人に言えないことのひとつやふたつはあるだろう。
    人によっては他人から見れば笑い話のようなことを秘密だと抱えている人もいれば、シャレにならないような知られたら弱みにしかならないような秘密を抱えている人もいる。
    弱みは他人に付け込まれるウィークポイントであり、下手をすれば身を滅ぼす火種ともなる。
    人を操るにはその弱点を突くのが手っ取り早い。
    それは理解できるのだけれど、信頼されていた人に裏切られるのはやっぱりキツいだろう。
    春は裏切らざるを得なかった人間の心情までも想像できてしまう。
    その立場や自己保身の感情も、理解したうえで許してしまう。
    変態だけれど基本的に身近な人間に対しては優しいのだ。
    唐突な終わり方にちょっと唖然とした。
    犯人は確定しているし、どんな人間かもおおよそ見当がつく。
    けれど敵の存在を大きくしすぎたせいか、中途半端な結末になってしまっている。
    ひとつの事件を完全に解決したうえで、その根底にはまだ残っている大きな謎が…のようには出来なかったのだろうか。
    次の作品では決着がつくのだろうか。

  • 札幌に住み始めたばかりなので
    ご当地小説 読んでみよ~
    くらいな 軽い気持ちで買ったのですが

    いい意味で期待を裏切られた気分。
    登場人物のキャラが
    1人1人 すごくよくて
    ストーリーも面白かった。

    春くんの特性を匂わせない
    タイトルにしてるのは
    わざとなのかな~(>_<)

    札幌市民じゃなかったら
    手にとらなかったと思うから
    こんなに面白いのに
    ちょっともったいないな~と
    思ってしまいます。

  • 事件物なんだけど、謎がメインでは無いのでミステリとして読むと弱いです。
    天才少年の春やその家族、刑事二人の人間性、人と人との繋がりやキャラの内面等を重視している内容になってます。

  • はじめての感覚。結末がはっきりしないけど。

  • 読みやすい文章、特徴がはっきり際立つキャラ設定、基本的に善悪二元論でストーリーも分かりやすい。さすが小路幸也。

    ただ、この1作だけでは、物語として物足りないというか、伏線回収もしてなければ、謎解きも中途半端。あらゆるものを引きずっているなら「つづく」の一言か、そこまでじゃなくても、続編ありを明記しておいても良かったのではないかと思う。

    遅れてい呼んでいるので、シリーズ物だと分かっていても、ちょっと不親切?と思ってしまった。

  • 4代前までの先祖の記憶と知識を持つという特殊能力の少年、という設定はなかなか面白いけど、その特徴を活かしきれていないような気がする。

    事件の解明もちょっと中途半端だし。これじゃ消化不良。

    シリーズ物のようなので、次作以降がどうなるか、ちょっと気に留めておこう。

  • なんとなくすっきりしない読了感あり。
    春がとてもインパクトあります。

  • 2014年1月刊。2015年2月文庫化。シリーズ1作め。過去の世代記憶を持つ超天才の設定が興味深く楽しい。不思議な事件の謎解きが面白いが、全てが明らかにならないままのエンディングと勿体つけすぎの話の展開が、イマイチ。あっさり、「次に続きます」と書けば良いのに。

  • 変な格好の死体が連続殺人ではないかと疑うも捜査は行き詰る。先輩に連れられて出会った天才青年と奇妙な一家。彼の推理によって犯人と出会えるが……。すっきりしないなぁ。

  • 2016.04.13

全14件中 1 - 10件を表示

札幌アンダーソング (角川文庫)のその他の作品

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

札幌アンダーソング (角川文庫)はこんな本です

札幌アンダーソング (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする