犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

著者 : 大塚敦子
制作 : 酒井 駒子 
  • KADOKAWA (2016年11月30日発売)
3.83
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041035085

作品紹介・あらすじ

聖路加国際病院は、日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関です。本書は、著者がそこにおよそ3年半にわたり取材した中で、出会った四人の忘れがたい子どもたちの生死を通して描いた感動のノンフィクションです。四人のうち二人は生還できましたが、二人は幼くして世を去りました。亡くなった子どもたちは、短い人生の最後の日々をどう生きたのか。また、退院した子どもたちは、小児病棟での日々から自分の人生に、どのような影響を受け今を生きているのか。入院中であっても、子どもたちが豊かな時間を過ごし、困難を乗り越えていけるように、医師や看護師、保育士、心理士、チャプレン(病院等で働く牧師)など数多くのスタッフたちで行われる取り組みについて、四人の子どもたちを通して描いた感動の記録。

犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 入院中の子どもたちにたくさんのエネルギーを与えているセラピー犬。

    配置場所:1F電動書架C
    請求記号:493.9||O 88
    資料ID:W0186831

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「わたしの病院、犬が来るの」それは、子どもたちへのすばらしい贈り物だった。日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関、聖路加国際病院。入院中であっても子どもたちが豊かな時間を過ごし、困難を乗り越えていけるように、医師や看護師、保育士、心理士、チャプレン(病院で働く牧師)等多くのスタッフたちで行われる取り組みを、4人の子どもたちの生死を通して描いた感動の記録。

    【キーワード】
    単行本・課題図書・犬・病院

    ++++1

  • 死と向き合い、長期入院する小児科の子どもたちの元にセラピー犬が訪れる。やわらかく温かい犬に触れて心を開いていく子どもたち。聖路加国際病院で出会った子どもたちの姿を描いたノンフィクション。医師、看護師をはじめたくさんの医療スタッフによるトータル・ケアについても知ることができます。

  • 2017/5/29

    493.9||オ (5階自然科学・医学)

    日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた聖路加国際病院。入院中であっても子どもたちが豊かな時間を過ごし、困難を乗り越えていけるように、行われている取り組みを、4人の子どもたちの生死を通して描いた感動の記録。
    難病と闘う子どもたちの思いにふれてください!!

全4件中 1 - 4件を表示

犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたことのその他の作品

大塚敦子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする