この素晴らしい世界に祝福を! (8) アクシズ教団VSエリス教団 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 三嶋 くろね 
  • KADOKAWA/角川書店
4.15
  • (11)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041035405

作品紹介・あらすじ

エリス祭りはあるのに自分のお祭りがないのは不公平なので、アクア祭りをやると言い出したアクア。しぶしぶ協力するカズマだったが、クリスまで手伝いに入れられてしまって――。街中を巻き込んだ大騒動が始まる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  エリス=○○○のキュートさが爆発するお祭り譚。
     カズマがいい人になっているのが少し残念。彼は、下衆で狡い作戦で結果を出し続けてほしい。

  • 11/末

  • めぐみん、ダクネスと続いたので、アクアといい感じになる回かとおもいきや、表紙通りエリス回だった。まあそれはそれでよかった。エリスはやっぱり正統派ヒロインとして非常に優秀だったし、女神なのに一番人間らしさを感じるというか親近感を感じるキャラで好きだ。最後の、子供にクリスの花をプレゼントしてもらうシーンは、ギャグラノベにも関わらず、不覚にもぐっと来てしまった。どうやら次巻は再び大人気のめぐみん回のようなので、アクシズ教徒の読者の一人としてはハンカチを噛むしか無い。
    このシリーズの面白いところは主要キャラが皆かぶき者というところか。未成年の飲酒、ねずみ講、サキュバスの非合法営業など一応は異世界でも法治国家の中で暮らしている人たちが欲望のままに犯罪を犯す姿が微笑ましい。飲酒の規制はないようだが。その日暮らしでリアルに腹をすかせていても、各々のキャラがみな自分らしく生きている様子は元気をくれる。
    基本ギャグ要素が強い世界観の中でアルダープとマクスウェルの絡みは異色的。ダークな世界観の表現がうまいと思った。番外編を書くなら打って変わったえげつないくらいダークな悪魔の話を読んでみたい。

  • お約束な展開ばかりなのだけれど、それが面白くて気持ちいい。
    こんだけバカやってるのに憎めなくて可愛いキャラたちがステキ。
    今回は特にエリスの株が急上昇!

  • 今年のお祭りはエリス教団とアクシズ教団合同で行うことに。
    アドバイザーのクズマの活躍(暗躍?)が冴える。
    だんだんハーレム状態となる。
    料理スキルを覚えてさらに活躍するクズマ。

  • 遂にメインヒロインがご降臨召されたぞ!やったね!…あれ、いいのか?(笑)表紙のとおり、クリス/エリス様無双でした。なんでこっちがサブヒロインなんですかね…。割といい終わり方だったり、アクアが真面目になってたりとこのすばらしくないところ(笑)もあったけど、基本的にはいつもどおりです、はい。ラブ方面で進展っぽいものがあったようでなかったような微妙な感じだけどまぁどうにでもなるでしょ(投げやり)そういやゆんゆんがほぼ出番なし、バニルやウィズと絡みがありそうな感じで書かれてたけど、スニーカーWEBの方での話なんだろうか。そっちは未読。

全6件中 1 - 6件を表示

この素晴らしい世界に祝福を! (8) アクシズ教団VSエリス教団 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

暁なつめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする