二階の王

著者 : 名梁和泉
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年10月30日発売)
3.14
  • (1)
  • (8)
  • (21)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :89
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041035573

作品紹介・あらすじ

【第22回日本ホラー小説大賞 優秀賞受賞作】
30歳過ぎのひきこもりの兄を抱える妹の苦悩の日常と、世界の命運を握る〈悪因〉を探索する特殊能力者たちの大闘争が見事に融合する、空前のスケールのスペクタクル・ホラー!

選考委員も驚嘆!
===
破天荒な大風呂敷が広げられる。総合的な筆力では今回の候補作中、一頭地を抜いていると感じた ――綾辻行人
『悪因研』の活動が、すべて○○であったとしたら、かなり怖いサイコホラー。違った楽しみ方もさせてもらった ――貴志祐介
邪神との闘いという王道のモチーフに果敢に挑んだ力作。読了後、確かにタイトルはこれしかないと、しみじみ納得 ――宮部みゆき
===

 東京郊外で両親と暮らす八州朋子には、大きな悩みがあった。30歳を過ぎた兄が二階の自室にこもり、家族にも姿を見せない生活が何年も続いているのだ。職場で知り合った男・加東に心惹かれる朋子だが、兄のことは話せずにいた。
 そのころ、元警察官の仰木と6人の男女たちは、考古学者・砂原が遺した予言を元に『悪因研』を名乗り〈悪因〉の探索を続けていた。〈悪因〉は人々を邪悪な存在〈悪果〉に変えて破滅をもたらす。6人は五感で〈悪果〉を識別する能力を持つ者たちだった。
 〈悪果〉を嗅ぎ分ける男・掛井は、同じショッピングモールで働く朋子への想いを募らせている。そして、掛井の仲間・卓美がある症状を発症し……。

===
クトゥルー神話を思わせる魅力的な異形描写や、「世界の命運を握る存在」という大掛かりな題材。
それらと不思議にも共存する、「ひきこもり」という現代社会的なテーマ。
日常感覚に立脚し共感性の高い、女性主人公ほか登場人物の心情描写のバランスにも注目の作品。
===

装画=藤田新策

二階の王の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ‪ぼぎわんとホラー小説大賞を争った作品。すごい面白い。‬
    これ映像化してくれないかなー。めっちゃ映えると思う。

  • ホラー+ファンタジーの良作!登場人物が多く個性が薄いので、どんでん返しの驚きは薄いけど、世界観はかなり新しく面白い。クトゥルフ神話好きは楽しく読める。

  • ファンタジー色が強く、この「悪因」に馴染めないと結構辛いです、、。

  • タイトルも表紙のイラストの雰囲気もかなり好み。
    しかしこれは私が求めていたホラーではないなぁ。
    映像化したら面白そうだな、と。
    余り乗り切れずに終わりまで読んでしまいました。

  • 冒頭の意味がわからず、読むの断念しようと思ったが、頑張って読み進みてよかった!私も困った兄をもつ妹なので、朋子に感情移入できた。映像化したらおもしろいかもしれない。

  • ぼぎわんに載っていた賞の選評でクトゥルフ神話ものと書かれていたので気になって読んでみました。
    引きこもりの兄をもつ妹を中心とした、閉塞感が溢れる世界のパニックホラーといった趣の話でした。
    この閉塞感が半端ない。
    妹もそうだし、もう一方の主人公でもあるへんなものと戦っている集団も、戦っているからといってカタルシスを感じれるわけでもなく世間から爪弾きにされただひたすら息苦しさを味わっているという底知れない絶望感と悲壮感と閉塞感がありました。
    世界がものすごく狭いところで完結していて、それがどうしようもできなくて八方塞がりって感じがひしひしと伝わってきて胸を締め付けられます。
    話自体は確かにクトゥルフだーと思いましたし普通に面白かったのですが、期待していたほどのインパクトはありませんでした。ただ鬱々としているような印象。最後盛り上ることは盛り上がるんですが個人的にはもうちょいなんか気持ちよい感じがあってもよかったなあと。ちょっと肩透かしくらって残念。
    人物造形もなんかちょっと個性をつけているわりには薄く全く好きになれなかったです。
    ただオチはすごくびっくりしました。
    ああだから「二階の王」なんだな……ってなりました。

  • なんというか、小説より漫画向きのお話。

    引きこもり 悪果 悪因 従者…

    獣や昆虫じみた姿で悪臭を振りまく、一見普通の人々。

    ガンツとか、テラフォーマーズ系の漫画原作になると生きてきそうな設定。

    オチが弱いというか、ぽぎわんのインパクトと比べたらそりゃ…

  • 「ぼぎわん」の選評から優秀賞のこの作品も手を伸ばしてみた。登場人物のページから面白そうだと期待。ひきこもりの兄のくだりの重く狭苦しい雰囲気から始まって、「悪果」「悪因」「従者」「王」ん?なんだ?なんだ?ラストに向けて世界規模のスケールになっていった。神話みたいな所はあまり理解できなかったけど、スピード感のある面白い作品だった。

  • ひきこもりの兄を持つ八洲朋子は、文具売り場でアルバイトとして働いている。彼女の働くショッピングモールでは、ニート枠として元ひきこもりの掛井も働いている。
    特殊能力をもつ掛井たちは人々を邪悪な存在の「悪果」に変え世界に破滅をもたらす「悪因」の探索を続けていたが、仲間の急死に伴い、世界が破滅に向けて動き始める。

  • 終わり方が宇宙人か~みたいで、納得しにくい。

全20件中 1 - 10件を表示

名梁和泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

二階の王はこんな本です

ツイートする