座敷わらしとシェアハウス (角川文庫)

著者 : 篠原悠希
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年11月25日発売)
2.89
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041035641

作品紹介

普通の女子高生の水分佳乃(みくまり よしの)は、
祖母の形見の品を持ち帰った日から、一人暮らしのマンションに、人の気配を感じるように。
そんなある日、佳乃は食卓に座る子供と出会う。
「座敷わらし」と名乗る子供は、なんと日に日に成長し、気づけば妙齢の男前に。
性格は「わらし」のままなのに、親友には「私に黙って彼氏を作るなんて!」と誤解され、焦る佳乃だが……。
「成長しちゃう座敷わらし」と女子高生の、ちょっと不思議な青春小説!
あなたのおうちにも、いかがですか?

座敷わらしとシェアハウス (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙の印象よりは、軽すぎずよかったかな。でも、暁星や山加賀のキャラはいい感じだったんだけど、主人公の佳乃にもう少し魅力があれば・・・とも思う。続編があるようなので、そちらも読んでみます。

  • 突然成長する「座敷童」と一緒に住むことになった主人公の奮闘記。
    恋愛ものかなと勝手に思っていたら恋愛要素は無くて、大きくなっても「座敷童」でした。
    わらしがいる事で妖怪や幽霊等の事件が身近になってしまったので、それを友人と共に解決していくという不思議系青春物。

  • 表紙からラブコメ色強いかな?と心配したけど、そんなでも無かったから良かった。

    暁星の最後の選択にはなんとも言えない気持ちになった。
    でも、座敷わらしになった自分の想いと佳乃のために、神霊から憑物な怪になることを選んだ。
    暁星…!と少し泣きそうになった。
    語彙力があればもっとうまいこと言えるのだろうけど、兎に角胸にきたとこだった。
    暁星みたいな座敷わらしがうちにも欲しい(笑)

    山加賀さん、なんだかんだ助けてくれるから良い人だよね。
    式については少し闇があるのかもしれないけど、基本的には良い人。
    カンタとの話、掘りさげてくれるのかな?
    ちょっと気になる。

    俊之が真奈子好きってのには驚いた。
    そして、真奈子は立ち直り早すぎ(笑)
    桂男に大失恋したのにすぐ山加賀さんに惚れるとは…。

    佳乃は無事にシェアハウス開業することが出来るのかな?
    そこまで書いてくれるのかな…。
    2巻も買ったから読まないと。
    楽しみなんシリーズがまた一つ増えた。

全3件中 1 - 3件を表示

座敷わらしとシェアハウス (角川文庫)のその他の作品

篠原悠希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

座敷わらしとシェアハウス (角川文庫)はこんな本です

座敷わらしとシェアハウス (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする