Elysion 二つの楽園を廻る物語 (1) (あすかコミックスDX)

著者 : 木下さくら
制作 : Sound Horizon  十文字 青 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年10月21日発売)
3.29
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :121
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041035757

作品紹介

「如何にして楽園の扉は開かれたのか…」愛憎と悲しみ…報われぬ魂の連鎖は一体どこまで続くのだろうか。放たれた呪いの言葉により開かれた楽園の扉の先にあるものは―――。

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (1) (あすかコミックスDX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つまらなくはないけど
    何故か不完全燃焼な感じ…

    私の解釈と違うからかとも
    思ったけど、Romanの漫画を
    読んだ時は号泣したので、
    多分理由はそれじゃない…。

    多分続くのだろうから、
    続きを読めば変わるのだろうか…

    一応期待。

  • (全巻所有)

  • 全二巻。
    十文字先生の解釈によるノベライズを更にコミカライズしているため、ノベライズに目を通しているとあまり目新しいことはないように感じるかも知れません。
    そもそもが難解なElysionを、十文字先生の特濃とも言える独特な解釈で読むのはファンであっても飲み込みづらい部分があるように思います。(但し、その発想はなかったと気づかされる部分も結構ある)

    木下先生のコミカライズは、その独特な解釈を可愛らしい画風で読める、ギャップ面での魅力が強くありました。毒っぽくなるというのもよく分かります。
    私としてはこのBaroqueとSacrificeがすきです。ノベライズ下巻はまだ積読なので比較はできませんが、Stardustのこの演出は漫画向きだったんじゃ……?
    二巻まで読み終えてみれば一巻の違和感も少し腑に落ちてきて、個人的にはこれはこれでよかったな、と。
    ただ、一つの提案としては構わないのですが、このコミカライズから入るってのは相当ハードル上がりますよね……。

  • かわいらしいキャラクターデザインとは裏腹にストーリーは毒っ気にあふれていると思いました。

全4件中 1 - 4件を表示

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (1) (あすかコミックスDX)のその他の作品

木下さくらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (1) (あすかコミックスDX)はこんなマンガです

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (1) (あすかコミックスDX)を本棚に登録しているひと

ツイートする