氷菓 (11) (角川コミックス・エース)

制作 : 米澤 穂信  西屋太志(京都アニメーション) 
  • KADOKAWA (2017年10月26日発売)
4.13
  • (9)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 74人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041035900

作品紹介

中学時代にバレンタインのチョコを里志に受け取ってもらえなかった摩耶花。今年こそはと、えるにも手伝ってもらい会心のチョコレートを仕上げた摩耶花だが、所要で直接渡せず部室にチョコを置いていたのだが…。

氷菓 (11) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • BD-BOXのおまけ漫画も収録。ちょこちょこと漫画で新ネタ放流があるので見逃せない。
    あと「あきましておめでとう」、「手作りチョコレート事件(途中まで)」。
    作者の人もだいぶ絵がこなれてきたなあ。それと同時にアニメ分はそろそろ終わってしまうけれど、連載はどうなるんだろう。アニメになってない原作分も(もちろんできればアニメ二期で見たいけど)漫画化してくれればな。

  • "「憶えてなさいよふくちゃん……いえ福部里志!」
    「な なにを?」
    「来年の二月十四日!
    ふくちゃんが満足するような傑作を
    その横っ面に叩きつけてやるんだから!!」"

  •  一年ぶりに発売された11巻は年末年始の短編二つに加えてクリスマス編が導入された内容となっている。
     話名で言えば、里志からのクリスマスプレゼントが謎解き形式で贈られた「クリスマスは箱の中」、正月からえると二人で納屋に閉じ込められる「あきましておめでとう」が収録されて、「手作りチョコレート事件」は①のみ収録されている形である。
     いつものような、日常的な謎解きが主題となった物語であるが、「あきましておめでとう」のヒロイン勢が随分と可愛らしく、星五つを付けざるを得ない内容だった。着物を見せびらかすえるの愛らしさは、あざとさと可愛さが等しく同居している。

     というわけで、星五つと評価しているが、次巻がいつ出るかはちょっと心配ではある。
     少しずつ刊行ペースが伸びているのは確かである。

  • 省エネ主義者の謎にあたる機会の多い学生生活 
    漫画版11冊目。

    1年めの冬。
    クリスマスプレゼントが漫画版のオマケ。
    トリックも様々なことを考えるものだ。

    タスクオーナさんの絵は綺麗で、こういうロジックや微妙な心理の表出も上手で良いです。
    メインは初詣の回。
    見せびらかしに来ちゃうチタンダエルに何も言えぬとは情けない。
    バレンタイン話は辛いが、遠回りする雛ももう遠くないか。

全4件中 1 - 4件を表示

氷菓 (11) (角川コミックス・エース)のその他の作品

タスクオーナの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

氷菓 (11) (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする