怪談狩り 市朗百物語 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.40
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036327

作品紹介・あらすじ

六甲山を取材中にテレビのロケ隊が見たモノ、風俗嬢を見つめる顔、演劇部に伝わる黒い子供、遺体に肩をたたかれた納棺師の体験談……。現実世界の歪みから涌き出る、ふとした恐怖、ぬぐえない違和感を狩り集める。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サクサク読めて良かったです。
    後日談とか同じ人の体験談がいくつかあって、この手のものは遭うひとは本当に何回も遭うんだなあと思ってしまった

  • 多分読んだ……ような……?

  • 夏になるとついつい手を出してしまう定番もののボラ―作品。
    なんで? どうして? なんて考えずそういうこともあるのかと雰囲気を楽しむに適していた。当然短編だけど、なんとなく連作のようなものもいくつか。後日譚なのか、終わらない怪異ってのは恐ろしくもあり滑稽でもあるのは気のせいだろうか。

  • 実話系怪談はいつも古いのばかり読んでいるので出たばかりのを読むのは珍しい。
    こういうのって大抵99話止まりなのに何故かこれは100話。
    ちょっと怖い。

    ライターや編集者が心霊スポットに行く話とか編集中の奇妙な出来事とかの話が怖く感じる。
    他のはそうでもないのにそれ系だけは苦手というか怖いと思う。

    〜だそうだ、のような伝聞の形をあまり取ってないせいか又聞き感がなくてよかった気がする。

    一反木綿とか茶袋とか有名な名前が出てきてちょっと嬉しい。

  • ギンティ小林さんが殴り込みに行き。ヘイ、彼女! すっごい可愛いじゃない! 僕、すっごい君みたいな娘好きなんだよかったらさ、乗ってかない? と言っていた元ネタが入っていますよ。

  • 2016/7/12

  • 怖い話をワクワクしながら読める季節がきました。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

(なかやま・いちろう)兵庫県生まれ。怪異蒐集家、放送作家、オカルト研究家。クリエーター養成塾「作劇塾」塾長。木原浩勝氏との共著『現代百物語 新耳袋』(全十夜)は、ロングセラーとなった。著書に『怪異実聞録 なまなりさん』『聖徳太子 四天王寺の暗号』『怪談狩り 市朗百物語』『怪談狩り 赤い顔 市朗百物語』などがある。

「2018年 『怪談狩り 黄泉からのメッセージ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

怪談狩り 市朗百物語 (角川ホラー文庫)のその他の作品

中山市朗の作品

ツイートする