怪奇探偵リジー&クリスタル

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.68
  • (3)
  • (13)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036402

作品紹介・あらすじ

グラマーな美人私立探偵&SFオタクの少女助手が、血なまぐさい不可思議な事件の数々に挑む。キュートでエログロ満載のオカルト・ミステリ。

第二次大戦前の1938年。ロサンゼルスに事務所を構える、女性私立探偵エリザベス・コルト(通称:リジー)と、助手の少女クリスタルのコンビが、街を震撼させる奇怪で残忍な事件に、特殊な身体と知性を駆使し、勇敢に立ち向かう。パルプマガジンの表紙絵にそっくりな惨殺死体、幻の特撮映画上映中に消えた人々、甦る中世イギリスの錬金術師の魔法、謎めいたタイムトラベラー、異空間から紛れ込んできた凶獣の暴走……。型破りな謎と解決法が痛快で楽しい5篇を収録。物語を愛するすべての人に贈る、唯一無二のエンターテインメント小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奇想天外で、けっこうグロなところもあるけど一気読み。
    第四話よいですね〜。これはSFファン感涙。

    リジーの出自すごすぎる(笑)。クリスタルもだけど。
    やっぱり奇想天外。

  • 最初はミステリかなと思ったが回が進む毎に冒険もの、怪奇もの、SF、怪獣もの、とジャンルが入り乱れて、個人的にはアメコミ風活劇?ノスタルジックな世界と現代が繋がってニヤリ。主人公二人の設定も魅力的でまだまだ続きが読みたいという期待を込めて星四つ。

  • トンデモSF。
    いや、そこまでぶっ飛んではないか…
    探偵とか書いてあったからミステリかと思ったら全然違ったよ。
    30年代アメリカのなんだかガチャガチャしたノリのSF。
    当時の映画とか特撮とか知ってる人が見たら笑えるネタとか入ってるんでしょうが、残念ながら私はその系には疎く。
    でも面白かったです。
    くとるふ系疎いしなあ、ワタシ。
    どちらかと言うとゴーストハンター。

  • こんなに面白くていいのか!と思うほど夢中で読んだ。好みはあるだろうけど、私は好きなモチーフが多く出てきたのでそれだけでワクワクした。パルプ雑誌やSF、映画評論家にユニバーサルのホラー。マニアにはたまらない題材をコミカルな描いていて、最初想像していなかったような奇抜な設定の2人組が活躍していく様は清々しかった。誰かとこの魅力を語り合いたい本。

  • 【収録作品】まっぷたつの美女/二千七百秒の牢獄/ペンドラゴンの瓶/軽はずみな旅行者/異空の凶獣

  • 1930年代、ロサンゼルスに事務所を構える美人探偵リジーと助手のクリスタルが人智の及ばぬ事件に巻き込まれるSFミステリ。本格界隈でも評価を得ている作者ですが、ホムンクルスや透明人間、異界の生物が暴れ回る作風は謎解きよりもエンタメ的な面白さを希求した冒険小説的な風合いの方が色濃いです。ミステリとしては未完成フィルムに閉じ込められ同じ場面を延々繰り返す状況からどう抜け出すのかを実際の映画史に照らし解決してみせる「二千七百秒の牢獄」が至高ながら、やはり本作を120%楽しめるのはそちらのジャンルにある程度明るいホラー映画ファン、海外特撮好きな層でしょう。

  • 20年以上昔、パルプ・フィクションという怪作映画があったが、今作は山本弘流パルプフィクション(パルプマガジン)だ。装丁から現れているが内容も然り。1938年のロスを舞台に、少し不思議な二人の女探偵がかなり怪異な事件を解決する。タイトル通りの怪奇ものと思いきや、著者らしいSF要素も散りばめられている。しかしながら科学考証も時代考証もしっかりしており、安定した世界観の中の歪みが強調され、物語を面白くする。SF、特撮の作品、作者へのリスペクトを物語に組み込んでいるのも見事。マニアックだが読み応えある作。

  • なんだかんだいってもSFに行くのが逆に面白かった。

  • 怪奇探偵とは怪奇事件ではなく探偵自身が怪奇な存在だった。特に透明人間の体質を上手く使ってる。特撮、ホラー、SFなど実在の作家たちが登場するのも面白い。

  • 来ました。久しぶりの装丁買い。
    あまりこの手のPOPな装丁は手に取らないんですが、それがミステリーとあれば話は別です。ビビッド・カラーの装丁の絵と真っ黄色のオビから受けるドギツイ印象とは相反する、意外とストレートなオビの文句(※1)も好印象。

    ってことは意外と硬派なディテクティブものかな、と思っていたら、なんのなんの。装丁を裏切らないキュート&グロテスクなビックリミステリーでした。ビックリの内容を言っちゃうと完全ネタバレなのでここでは触れませんが、ミステリーとしてはなかなか奇想天外な設定です。

    地下室で真っ二つに裂かれた美女!
    往年のフィルムの中に閉じ込められた美しき探偵!!
    錬金術で生まれた怪物の秘密!!!
    時間旅行をする男に課せられた重大なミッションとは!!!!
    異空間から現れたモンスターとの対決!!!!!

    何だこりゃ←
    ミステリーっていうか最早SFじゃん!なんて無粋なツッコミをいれた方は私の他にいないことを祈ります←

    サイエンスフィクションな謎ももちろん楽しいんですが、一番読んでいて痛快なのは、やっぱり彼女達のスペシャル・ボディを活かしたハチャメチャな解決方法ですね〜。この設定が明かされる第1章が、一番ミステリーしてましたわな。


    【内容まとめ:っていうか冒頭で述べたオビ文句】
    ※1…怪奇探偵リジー&クリスタル
    どんな事件もお任せあれ。私たちの武器は、このスペシャル・ボディ(特別な肉体)!
    グラマーな美人私立探偵&SFオタクの少女助手が、血なまぐさい不可思議な事件の数々に挑む。
    キュートでエログロ満載のオカルト・ミステリ。

全17件中 1 - 10件を表示

山本弘の作品

ツイートする