倒れるときは前のめり

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.52
  • (64)
  • (180)
  • (204)
  • (37)
  • (8)
本棚登録 : 1702
レビュー : 224
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036433

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有川浩さんのありのままが。

    オススメの本たくさん。読んでみたい。
    児玉清さんいい人だった…。

    観光地の偏差値は公共トイレで決まる。
    観光地として洗練されており、観光しやすく観光客に優しくリピーターの多い土地は、必ずと言っていいほどトイレがきれいです。トイレットペーパーの常備は当然。洋式、和式の両タイプがあり便器はもちろんきれい、できることなら音姫完備。
    食べると出すはセット!分かるわぁ!

    ラストに数編ある短編も素敵。

  • この方を以前のように、ただ素直に「好きな作家さんです」とは言えなくなってきた。
    でも、このエッセイを読むと「ああ、やはりこの人を好きだと思ったのは間違いないんだ」と、改めて思えた。

    有川さんの考え方は、本当にまっすぐ。まぶしいくらい。
    それが、ものによってはすごく辛辣な感じに響いてくることがあったから、その点が苦手だったのだけれど、それでも「その考え方は素敵だ」と素直に思えるところがたくさんある。

    読書感想文は勧めないという意見もよく分かる。
    私だって無理やり読ませたくない。
    この人の本紹介はとても楽しそうで、読んでみたくなる。
    こういうところから、本に触れられたらいいのに、と思う。

    一言で言うと、本当に色鮮やかな人だ。
    淡くはなく、濃い色の人だ。
    この方のいいところを、これからも素直に好きでありたい。

  • 人気作家とはいえ色々あるなーと。

    個人的に天才だと思っている有川浩のエッセイ。
    売れっ子作家が日頃何を考えているかわかる本です。

    同じ話題が重複するのがちょっと残念ですね。
    気になっているテーマなのでしょうが、同じ頁を読んでしまったかと確認して流れが悪くなります。

    最後の方に超短編小説が載ってますが、これはなかなか良いですね。

    やはりこの人の文章は読みやすく、物語にスッと入っていける。
    本人はラノベ作家と謙遜しているが、一般の文藝作家と比較しても優れた小説家だと思います。

    有川浩ファンなら一度は読んどく本だと思います。

    ユルめの本が読みたい方にオススメです。

  • 有川浩の、初エッセイ集。
    彼女の作品は、高校生のころ周りでもすごく流行っていてみんなよく読んでいました。
    最近めっきり読まなくなってしまったので…エッセイならどうかしらと。
    図書館戦争にどハマりして、植物図鑑の樹が格好良すぎてほぼ恋しかけていた頃がなつかしい。

    甘々な恋愛のイメージが強いので、勝手にご本人にもそういう先入観を抱いていたのですが、まさかこんな男前な姉御だったとは!
    ライトノベル愛、郷土愛のある素敵な方だなぁと思いました。
    同じような内容が何度もでてくるのは、もうちょっと編集どうにかならんもんかねと思いますが、その分彼女の人となりが存分伝わりました。

    小説も収録されていてお得。
    やっぱり有川浩の描く恋愛には未だにキュンキュンさせられてしまって、ある意味ひと安心。

  • 日々の生きるつれづれ、創作の裏側、大好きな本や映画、敬愛する人びと、ふるさと高知のことなど、デビュー書籍刊行前から現在までに綴った90本超に、それぞれ振り返りのコメントを書き下ろし。
    今までの原稿を集めたものなので内容やテーマが重複しているところはありますが、さくさく読めてふむふむという感じ。小説に限らずエッセイも心地よい文体の人だなあ。震災の話や地元を盛り上げるのに必要なのは県民の意識、などはあまり言う人がいないので影響ありそう。目の付け所がいいのは小説の題材に限らずということでしょうか。これからも応援しています。

  • 【図書館本】エッセイ自体苦手だが知らずに借りたのと作者読みとで。面白いか否かで言うと自分は後者。エッセイ苦手というのを差しいても、作者の芯が強いというか、押し付けがましく感じることも多々あり、また、色んな所で同じようなことを書いてるのでまとめて読むとくどく感じた(これは作者は不可抗力だけど)。巻末の短編2本が楽しかった分、エッセイ部分がより際立って苦手だったなーという読後感になったのかも知れない。短編あっての星3評価にしておく。

  • 「旅猫リポート」「植物図鑑」自衛隊のマドンナ、高知県生まれの有川浩さんのエッセイ「倒れるときは前のめり」(坂本龍馬の心意気でしょうかw)、2016.1発行です。「書くこと、読むこと、生きること」「好きな本」「映画」「いとしい人」などに関するエッセイです。それぞれのエッセイの終わりに<振り返って一言)と現在の気持ちが添えられていて、これが結構いい味を出してます(^-^) 作品は「ベタ甘」で知られる有川さんですが、ご本人はかなり硬派な方とお見受けしましたw。ネガティブな感想は発信しないと~。大賛成です!

  • 初読。図書館。エッセイと短編。作家さんが本や映画について書かれているものを読むと、やっぱり本の好きな人が作家になるんだなあといつも思う。もちろん有川さんも。「あー、それ私も大好き」と思うものや、「うわー、それ読んでみよう」と思うものがあり、楽しい。湊かなえさんや児玉清さんとの交流も、ステキ。小説に現れるまっすぐさがエッセイにもにじみ出ています。

  • 端正なエッセイ集。
    いつも真摯で、いつもどこかの「立場が違う人」の目を意識しているのを感じます。
    それは大人の抑制。
    それは大人の優しさ。
    ときどき「そんなわけねえ」式の汚い言葉を混ぜていますが、それは決して混ざってくるのではない、混ぜている言葉。
    くずれない、乱れない、有川浩です。

  • 有川浩、初のエッセイ集。
    過去から現在に至るまで、各所で発表されたエッセイを
    ジャンル別にまとめたもの。ラストの1本及び各エッセイ
    の文末コメントが書き下ろし。

    エッセイというのは非常に厄介なジャンル。好きな小説家
    の書くエッセイはお気に入りになっても良さそうなモノだ
    が、残念ながら全てに当てはまるワケでは無い。この作品
    はその典型で、単体ではかなりグッと来る文章もあるには
    あるのだが、まとめられると少々ハナに付く。

    おそらく、ここ最近の有川作品に少しばかり納得いかない
    感があったので、先入観的なモノが邪魔してるんだろうな
    ぁ、とか思っていたのだが・・・。

    同時掲載されていた未収録作品「彼の本棚」と、久々に
    積読することになった「ゆず、香る」が殊の外良かった。
    「本棚」では短編内で巧妙に計算された甘酸っぱさでニヤ
    ニヤ出来たし、「ゆず」の醸し出す清涼感は最初に
    「ホッと文庫」で読んだ時と全く変わらない。この2本で
    充分に元は取った気がする。

    考えてみれば、僕の恋愛小説に対するアレルギー・・・とい
    うか、小っ恥ずかしさを、見事に抜いてくれたのは有川浩
    その人。出来ることなら、本棚みたいな作品をもっと読み
    たいのだが・・・。

    文中で本人が「あまり望むな!」と言ってるので、ちょっ
    と恐縮しちゃうのだが、出来れば「小説」を年2本くらい
    読みたいです!>有川センセ。
    ・・・ファンはそろそろ禁断症状出ちゃうぞ、マジで。

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

倒れるときは前のめりのその他の作品

有川浩の作品

ツイートする