入り婿侍商い帖 関宿御用達 (2) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.44
  • (2)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036525

作品紹介・あらすじ

旗本家次男の角次郎は縁あって米屋の大黒屋に入り婿した。米の値段が下がる中、仕入れた米を売るために、角次郎は新米を江戸に運ぶ速さを競う新米番船に参加する。妻と心を重ね家族一丸で米屋を繁盛させていく物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 認められて婿になった立場ですからね、応えようと無理をしている

  • 短期間で熟練水夫に追いつくのか、器用だな。

  • 入り婿侍シリーズ、ハマっています。
    今回の新米番船は、主人公角次郎の決意と身体を張った戦い・・引き込まれ方も半端なし。
    それにしても何でもこなしてしまう角次郎さん、今回は船の筈緒を握りました。一番になる展開とはなりませんでしたが、かっこよすぎです。

  • なんだかもう、王道時代劇(水戸黄門とかみたいな)としかいいようがない。

    ドラマ化すればいいのに。

  • 千野隆司さんの入り婿侍商い帖シリーズ、関宿御用達(二)、読み落としたまま先に進んでいて、遅ればせながら読了しました!(^-^)

  • 35

  • 関宿編シリーズ2作め。通算5作め。2015年10月刊行。文庫書下ろし。船の競争の話になるとは、思いもしませんでした。予想もしない展開で、面白く楽しめました。次巻が楽しみです。

  • 第五弾
    店を大きくするために奮闘する角次郎
    豊作時の大量の米の対処法を考えた幕閣
    コメ輸送の賭けに、評判をとった米問屋が有利
    裏で暗躍する連中の妨害にも負けず、船に乗り込むが
    二位で無難な結果に

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1951年、東京生まれ。國學院大学文学部卒業。90年、『夜の道行』で第12回小説推理新人賞を受賞し、選考委員から“第二の藤沢周平”と賞賛される。以後、時代小説を中心に活躍中。「入り婿侍」シリーズは、評論家の縄田一男氏から「著者の新たな頂点」と絶賛を受けた近年の代表作。他の主なシリーズに「おれは一万石」「出世侍」など。

「2021年 『新・入り婿侍商い帖 古米三千俵(一)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千野隆司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×