うちの執事が言うことには (2) (あすかコミックスDX)

著者 : 音中さわき
制作 : 高里 椎奈  佐原 ミズ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年12月26日発売)
3.18
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036587

作品紹介・あらすじ

当主の座を継いで初めて出席したパーティーで、モデルの莉紗が何者かに襲われ、第一発見者である花穎が犯人の濡れ衣を着せられてしまう。花穎は自らの潔白を証明するため、犯人捜しに乗り出すのだが…。

うちの執事が言うことには (2) (あすかコミックスDX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 赤目さん大好き。得体の知れない、敵か味方かわからない妖しい雰囲気が上手く醸し出されていてますます魅力的に。原作既読なので話はわかってるんだけど、それでも楽しく読めた。続きも楽しみ。

  • 上流階級、恐ろしいところ…(( ;゚Д゚))執事として許されるのかとは思うけど、衣更月の怒りのローリングソバットがとても痛快でかっこよかったです( ˘ω˘ )ただ、花穎のためかと思えば安定の鳳で笑ったw歪みねえw鳳は神ですね!

  • 「鳳渾身のユーモア」を描いてくださってありがとうございます……! これは良いコミカライズ。小説も読み直したくなってきました。

  • 原作既読。面白かった〜。結末はわかってるけど早く続きが読みたい。

全4件中 1 - 4件を表示

うちの執事が言うことには (2) (あすかコミックスDX)のその他の作品

音中さわきの作品

うちの執事が言うことには (2) (あすかコミックスDX)に関連する談話室の質問

うちの執事が言うことには (2) (あすかコミックスDX)はこんなマンガです

ツイートする