真夜中のオカルト公務員 (1) (あすかコミックスDX)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.62
  • (9)
  • (16)
  • (15)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 366
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036600

作品紹介・あらすじ

東京23区全ての区役所に人知れず存在する“夜間地域交流課”。そこは“オカルト的事象”を解決する、特殊な課だった。そこに配属された社会人一年生の宮古新。新宿御苑で会った天狗に「安倍晴明だ」と言われ!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 砂の耳を持つ主人公が
    オカルト的な事件を解決する為の部署に配属され
    様々な事件に遭遇していく。
    タイトルから連想したより内容がしっかりしていて
    面白い。

    主人公が安倍晴明の末裔というのがありがちにも感じてしまいつつ
    本人は知らなくて、という辺りの設定は良かった。

    新宿御苑は好きな場所なので舞台になっているのが
    なんだか良いなと思うし、広いこともそうだが
    なんとも言えない込み入った雰囲気もある場所なので
    片隅にアナザーが潜んでいる場所としてはぴったりだと思う。
    天狗と天使のカップルなども微笑ましい。

    実際、霊媒師などその類の職を公的に現代でも運用しようと思うなら
    公務員は妥当だと思う。

  • 第1話 新宿御苑前の天狗と天使①
    第2話 新宿御苑前の天狗と天使②
    第3話 都庁展望室のパンドラ①
    第4話 都庁展望室のパンドラ②
    あとがき 登場人物紹介

  • タイトルの通りですのオカルトもの。
    しかし、
    またかって言うほど安倍晴明。


    第1話・新宿御苑の天狗と天使1
    新宿区役所に夜間地域交流課がある。
    そう、
    人とアナザーと呼ばれるいわゆるファンタジーな存在。
    天使と天狗とかな。。。
    って、
    いわゆる、
    西洋人フィルターで見ると天使で、
    東洋人フィルターというか日本人フィルターでみると天狗になるらしい。
    つまり、
    元々は同じものとスピリチュアルな友人が昔言ってたけど、
    ここでは別物らしい。
    しかも、
    新宿御苑にいるんですからびっくり!
    ちなみに、
    この世界では、
    見えても聞こえないんだって!
    アナザーの声が聞ける主人公の「宮古新た」がかわったやつ!
    昔、
    同じようにアナザーの声が聞こえたのが安倍晴明で、
    宮古新は安倍晴明の子孫らしい。
    いわゆる、
    天才の話しかぁ。。。


    第2話・新宿御苑の天狗と天使2
    神楽坂に宮古家がある。。。
    で、
    やっぱりの安倍晴明の子孫。
    と、
    化け猫のユキGET!
    昔は宮古新はアナザーの声を聞けなかったらしいが、
    どっかで聞こえるようになったみたいと判明。


    第3話・都庁展望室のパンドラ1
    都庁の展望室に現れるアナザーとは?
    展望室で出会うと異世界に飛ばされるんだって!
    で、
    まんまと飛ばされる。。。


    第4話・都庁展望室のパンドラ2
    ちなみに、
    パンドラって人間じゃなかったっけ?
    女神だっけ?
    あれれ?
    アナザーの定義がよくわからん。。。
    と、
    恋による喪失感ってなんだ?
    パンドラボックはあらゆる災厄がはいってるけど最後に希望があるってやつじゃなかったっけ?
    よく覚えてないけど。

    気になるから2巻も買ってみるか!

  • アニメ情報を見て気になったので試しに1巻だけ。設定自体はベタ(公権力の内部にあるオカルト対応部署、イケメン&個性派揃いのチーム等)。中高生の時に出会ってたらハマりそうな感じだが、正直この作品独自の魅力というのはまだわからず。声優陣が豪華なので、まずアニメを見て様子見かな。

  • 妖怪や天使やら人じゃないモノが起こすトラブルを管理するお仕事系漫画でした。キャラも魅力的でいい感じ。1巻は仕事の説明がメインだったのでもう少し読んでみようかな

  • 妹より。
    1巻から一気読み。感想は4巻。

  • 書店に置いてある試し読み冊子をパラ見して購入。
    新宿区役所に新規採用された主人公が、入所直後に夜の新宿御苑に連れて行かれ、なんかおかしいぞと思ったら妖怪とか妖精とか天使(通称アザーズ)が起こす迷惑行為の対処にあたる部署に配属されたのであった、という感じで始まるのですが、1巻は大風呂敷を広げて伏線を引いて終わった感じです。
    アニメ化でもしそうな絵柄でキャラ立ちもしてるのですが、ちょっと動きが分かりにくかったり、構図が同じコマが多かったりして、テンポが悪く感じる点もありました。今後に期待です。

  • タイトルに惹かれて購入。1巻なのでなんとも。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

漫画家。コミックNewtypeで『真夜中のオカルト公務員』連載中。ほか、『よつば男子寮戦線』全3巻。

「2018年 『真夜中のオカルト公務員』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たもつ葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×