櫻子さんの足下には死体が埋まっている (1) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
制作 : 太田 紫織  鉄雄 
  • KADOKAWA/角川書店
3.90
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036785

作品紹介・あらすじ

北海道、旭川。平凡な男子高校生の正太郎は、お屋敷に住む美人なお嬢様・櫻子さんと出逢う。しかし、彼女は三度の飯より「骨」を愛していた――。骨から謎を紐解く、角川文庫の大人気ミステリがコミック化!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    北海道、旭川。平凡な男子高校生の正太郎は、お屋敷に住む美人なお嬢様・櫻子さんと出逢う。しかし、彼女は三度の飯より「骨」を愛していた――。骨から謎を紐解く、角川文庫の大人気ミステリがコミック化!

    【感想】
    主人公があまりにも変わり者でびっくりした。でも、それと同時にすごく興味を惹かれたのも事実だった。櫻子さんが一体どんな人なのか、どうして骨にそこまで興味を示すのか、その理由は何なのか、何かきっかけがあったのかーいろいろと考えを巡らせてしまった。これはマンガだったから、大まかなストーリーしかわからなかったので、ぜひ小説を読んでみたいと思った。

  • 骨を愛する櫻子さんが、骨をみて推測し、事件解決へのヒントを出す。
    読みやすくて面白い。
    鴻上さんのおばあちゃんが自殺した理由まで推測できたらすごいなあ。
    最初に見つけた頭蓋骨はなんだったのか気になる。

  • 絵もきれいで面白かった!
    前々から気になってた小説も買ってみようと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

櫻子さんの足下には死体が埋まっている (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

水口十の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

櫻子さんの足下には死体が埋まっている (1) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする