白雪姫の息子 (角川ルビー文庫)

著者 : 犬飼のの
制作 : 笠井 あゆみ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年10月31日発売)
3.75
  • (6)
  • (10)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036983

作品紹介・あらすじ

母・白雪姫に似た美貌が災いして父王から城を追われた王子・スノーホワイト。クロウと名を変え、森の奥で孤独に暮らす彼の許に現れたのは、猛々しい野獣・ビ-ストだった。何故か毎日クロウの許に通うビーストを怖々招き入れると、ビーストは突然獣人と化し、理性を失ってクロウを蹂躙してくる。乱暴で一方的な性交――けれど愛を知らない純粋さ故に、クロウはそのたった一度の快楽を忘れることができなくて…。犬飼のの×笠井あゆみの強力タッグが贈る、濃厚官能童話。

白雪姫の息子 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「混ぜるな危険」表示が脳裏に浮かびました…
    ○ィズニーマニアには、これ読むのはとてもいけないことしてる気分w
    なにしろ、白雪姫、眠りの森の美女、ラプンツェル、美女と野獣をリミックスしたBLおとぎ話なので!その上ダークでエロスもたっぷり…
    犬飼センセと笠井あゆみセンセの強力タッグは圧巻ですね。表紙のカイルの表情に秒殺されてしまいました。表紙だけでご飯3杯はいけます。口絵は例のアクロバティックな絡みで、ハイレベル健在。

    様々なおとぎ話を絶妙なエロさでひとつのBLにまとめ上げている手腕がすごいです。一番びっくりしたのが7人と8p!!かつて無いスケールとキャスティングですよね?変身の仕方といい○○松さんもびっくりだと思う。

    主人公のスノーホワイトがとても可憐でかわいかったです。純真無垢ゆえの淫らさなのでHシーンもイノセントな印象です。
    カイルは弟思いの優しい兄ですが、すごいヘタレでした。犬飼センセの話の中では一番へタレてる攻なんじゃないかと思うほどw
    ビーストになったら傲慢野獣化してクロウを襲いまくるのではと邪推してましたが、期待に反してすごい後ろ向きな野獣でそこまで卑下しなくてもといたわりたくなってしまいました…w自分の立場や良識に縛られて悩み苦しむ攻に萌えます。

    ラストはカイル視点だったので、スノーホワイトを弟から伴侶として愛するようになった彼の心境が切々と伝わってきて深みがありました。
    幸せを感じるエンディングだったけど、そこに至るまではスノーホワイトが幾度も悲惨な目に遭ってハラハラさせられましたね…
    どうなっちゃうの?と片時も目が離せない展開でした。ダークで残酷性もありながらエンターテイメント性も抜群なストーリーだったと思います。

  • 秘密を抱えた獣人(王子)×幽閉された孤独の第二王子
    ガチ兄弟もの

  • ダークファンタジーと銘打っているだけあって、冷静に考えるとどうかと思うくらいのタブーの数々。7人のエルフによる輪姦、実父の殺害に、血を分けた兄弟での性行為。普通の小説だったら私もちょっと引いてしまうような要素なだけど、なぜか童話だという前提があるから、許せてしまう。もともと童話ってむちゃくちゃな話だし。

  • がっつり兄弟。キライではない。むしろ歓迎。お伽噺をいろいろ盛りこんであって、楽しめました。兄さんはだいぶ迷ったり躊躇したりしてましたが、弟のスノーホワイト!兄を押し倒して…。もーぅ、好きで触りたくて触られたくてたまらない感じがこっちもたまらない。
    そう、大事な一言「毛すら愛しい」(下の)
    良い魔女とフィリップさんにはもっとご褒美あげたいです。

  • アダルティック童話ファンタジー?
    白雪姫と美女と野獣とラプンツェルをひとつの話に盛り込んでる。
    無理やり童話に合わせようとして、納得しかねる展開がちと残念。
    エロは盛りだくさんだけど、あまり萌えず。

  • ダークでエロ。親の因果が子に報い、悲惨な目にあう兄弟でした。

  • おとぎ話シリーズの第二段。今回は白雪姫ですが、おとぎ話全部盛りって感じです。美女と野獣にラプンツェル、もうちょっと少なくてもいいのよと思った。いや、このシリーズ好きだから第三段用にネタを温存してなくて大丈夫か?

    お話は挿し絵がいきなりクライマックス。よくこれをOKしたな。
    出エロに焦らしプレイがキタ後の獣、近親相姦などお腹がいっぱいになるくらいエロエロです。
    ビッチ受なスノーホワイトが可愛い。
    苦悩する兄もいい感じです。兄が野獣でモフモフで恥じらうのが萌える。
    兄がとにかく悩んで拒絶して、でも、エロってんのが良いです。

全7件中 1 - 7件を表示

白雪姫の息子 (角川ルビー文庫)のその他の作品

犬飼ののの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

白雪姫の息子 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする