天野可淡 復活譚

制作 : 片岡 佐吉 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年12月16日発売)
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041037287

作品紹介

本書は人形蒐集家の片岡佐吉が、2001年より15年近くにわたり撮りためてきた可淡人形の作品集である。可淡人形の棲み家を屋内のみならず屋外に求め、撮影された。片岡佐吉は、02年、御徒町の人形博物館「マリアクローチェ」、07年、渋谷「マリアの心臓」、15年、京都・大原の「マリアの心臓」にて、可淡人形の展覧会を開催。人のみならず、生きとし生けるもの、架空の生きもの。すべてが息づく可淡人形の、永遠の棲み家がここに誕生した。


「情熱的で耽美で、大地から呻き上がるような存在感。人に愛される人形よりも人を愛する人形を――。可淡人形は、その願いを込められてこの世に生まれた。人の心の底をえぐりとる可淡人形たちの棲み家が、ここにある。」
人形蒐集家・写真家 片岡佐吉

「人形は虚ろ。虚ろであるからこそ、それは見る者・撮る者の精神からさまざまな想いを吸収し、さまざまな“物語”をこの世に現出させるのである。」
綾辻行人(巻末エッセイより)

天野可淡 復活譚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カタンドールの写真集は、これまでに復刻版以外は3冊とも手元にあるけれど、そのいずれの写真集ともガラリとイメージが変わる。
    撮り手が違うとこんなにも変わるのだなあと。
    それでもカタンドールのえも言われぬその妖しさと美しさは健在。
    そして過去の写真集と比較すると、本書は大分性欲的かもしれない。

  • 人形、屋外に出る。
    海辺にての少女。
    そして人形の肌質。経年劣化に伴う肌理。

全2件中 1 - 2件を表示

天野可淡 復活譚のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天野可淡 復活譚はこんな本です

ツイートする