サッカク探偵団 (3) なぞの影ぼうし

著者 :
制作 : ヨシタケシンスケ 
  • KADOKAWA/角川書店
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041037911

作品紹介・あらすじ

ボランティアの大学生が教えてくれる、影絵芝居のワークショップに参加したカケルたち。学生の一人で、ピータパンの格好をした奈美と、部長の秋田に影でできるサッカク<チェッカーシャドウ錯視>を教わりすっかり夢中になる。その時、あやしいサラリーマン二人組が会場にやってきた。どうやら奈美を捜しているよう。カケルたちの機転で逃げ出すことができた奈美は、後日みんなにその訳を話す。あの二人組は高齢者を狙ったインチキ商法の社員で、奈美の祖母もだまされて大金を払ってしまった。頭にきた奈美はアルバイトとしてその会社に潜り込み、動かぬ証拠を手に入れたという。あいつらはそれを狙って奈美を追いかけてきたのだ。奈美はいつも大事に持ち歩いていた根付の中にその証拠を入れ、ワークショップにあったお菓子の箱に隠したというが、箱にあった根付の中身は空っぽで、よく見ると根付も偽物にすり替わっていた! 本物の根付はいったいどこに? 今回もたくさんのサッカクが登場、サッカク探偵団が大活躍!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 続いてるー!!

  • ゆらゆら揺れるオオウチ錯視、長さを見誤るシェパード錯視恐るべし。今回もおもしろかった。主人公の小学生坂上カケルが謎の影に追われ、かねてからの謎の一部が明らかになる。このシリーズはヨシタケさんの絵が目当てで読み始めたが、児童書ながら錯視・錯覚をテーマにストーリーを盛り上げていて内容も楽しく興味深いのだ。現代っ子を描かせたらヨシタケさんはピカ一。カケルたちは実に礼儀正しく、賢く勇気ある子供たちで、末頼もしい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

千葉県生まれ。第10回児童文学ファンタジー大賞奨励賞を受賞した「冬の龍」(福音館書店)で、2006年デビュー。同作で第17回椋鳩十児童文学賞を受賞。

「2016年 『サッカク探偵団3 なぞの影ぼうし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サッカク探偵団 (3) なぞの影ぼうしのその他の作品

藤江じゅんの作品

ツイートする