コンビニ夢物語

  • 13人登録
  • 2.20評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 姫井由美子
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041037959

作品紹介

兵庫県・香住。8年前に妻に先立たれた坂上幸造は、地元に愛される酒店を切り盛りしていた。ある日、幸造は持病の心臓の発作に襲われてしまい、息子の幸一が駆けつけてくる。東京に出て行ったきり長い間故郷に戻ってきていなかった幸一は、突然、父の酒屋をコンビニに改装したいという驚きの提案をする。幸一の言葉に半信半疑だった周囲の人も、次第に彼の熱意に気持ちが動かされ――。
コンビニの実態を知り尽くした著者が描き出した、田舎町に起こった奇跡の物語

コンビニ夢物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーんそんな恋愛観で良いのかな?が最大の感想。コンビニのストーリーはどうでもいい。www
    野球部のエースで散々女遊びをしたあげく今は落ち着いている人物を「真面目な好青年」なんていけしゃあしゃあと書くセンスが抱腹絶倒。作者の言動と重ね合わせて読むとより一層楽しめる作品。

  • ストーリーは田舎の酒屋を営んでる父親が心臓の病で入院し、東京に出ていた息子が故郷に帰り、酒屋をコンビニ店に改造するという話・・・。姫井由美子氏の「コンビニ夢物語」、2015.12発行です。ぶってぶって姫、虎退治の姫、不倫の元参議院議員とは知らず、同姓同名の作家と思ってましたw。父親と息子の「行き違い」、親父の心、息子知らず、そんな感じの進行ですが、父親は「子供には自分を超える人間になってほしい」、そういうものでしょうね。その思いが強ければ強いほど、誤解という魔物が忍び寄るのかもしれません・・・。

全2件中 1 - 2件を表示

コンビニ夢物語のその他の作品

姫井由美子の作品

コンビニ夢物語はこんな本です

ツイートする