わが家は祇園の拝み屋さん (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.70
  • (20)
  • (38)
  • (35)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 322
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041037966

作品紹介・あらすじ

ある理由から中学の終わりに不登校になってしまった小春は、京都の祇園にある祖母の和雑貨店を手伝うことに。和菓子職人の叔父・宗次朗や大学生のはとこ・澪人と過ごすうちに小春の心は少しずつ解けていくけれど…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020/3/10~3/13

    東京に住む16歳の小春は、ある理由から中学の終わりに不登校になってしまっていた。そんな折、京都に住む祖母・吉乃の誘いで祇園の和雑貨店「さくら庵」で住み込みの手伝いをすることに。吉乃を始め、和菓子職人の叔父・宗次朗や美形京男子のはとこ・澪人など賑やかな家族に囲まれ、小春は少しずつ心を開いていく。けれどさくら庵は少し不思議な依頼が次々とやってくる店で!?京都在住の著者が描くほっこりライトミステリ!

  • 純粋に面白い!
    そして大好きな京都が舞台の不思議物語。

    主人公が自分の持つ不思議な力に悩み、
    またそのことを話せずにいて、
    中学に行けなくなり、高校進学もせず、
    京都の親戚の家へ。

    祖母や叔父も実は不思議な力を持っているが、
    物語の中の事件はその力でというよりも
    人と人とのつながりや思いやりで解決していく。

    主人公の成長や周りの人々の暖かい関わりが
    今後も楽しみ!

    望月さんのシリーズはどれも幸せな気持ちになります。

  • 石田夫妻の話は切なく涙が出た。
    そして、和菓子が食べたくなる…和菓子テロだ(笑)

  • 少し不思議な、古都の物語。

    小春は東京から京都は祇園に住む祖母のところにやってきた。祖母や叔父と一緒に和雑貨店「さくら庵」で過ごす小春には、誰にも打ち明けられない秘密があった。そして、次々と舞い込む不思議な依頼。だんだんと彼らの持つ不思議な力を知った小春は――。

    はんなり京男子・澪人というはとこ、祖母の実家は賀茂家、八坂神社など祇園の様子、叔父・宗次朗の作る創作和菓子など、いかにも「京都」らしいアイテムが詰め込まれている。

    小春は人の心の声が聞こえてしまうようになり、父母や友人たちの本音が恐ろしくなって不登校、部屋に引きこもるようになった。しかし、京都の家族に関しては、心からそう思っているので、心の中の本音は聞こえない。描写されていない。それはちょっとご都合主義かな、とも思うけれど、小春より力が強いとか、心に余裕ができて力をコントロールできるとか、そういう理由が出て来るのだろうと。

    京都に住んでいると、そうそう、と同意するところもあって面白い。作者が京都出身ではないところが、「京都」を描くのによいのではないだろうか。

  • 「過ぎた献身や自己犠牲が美しいなんて俺は微塵も思わない。自分が幸せで、相手も幸せが一番だろ? 誰かの幸せのために、どうして誰かが犠牲になって、それが『美徳』になるんだ? 誰かが幸せになるためには、誰かが我慢したり不幸にならなきゃいけないなんて考えが根本にあったりするから、世の中がおかしなことになるんだよ」
    (P.199)

  • 推理ともラノベとも恋愛とも言い難い内容。とりあえず推理カテゴリにいれてみた。
    一巻ということで序章って感じ。可愛い小物。美味しそうな和菓子。面白かったけれど、どんな話なのかまだ評価がしにくいところはある。二巻以降に期待。妖怪ジャンルなのか和菓子ジャンルなのか。文章はよみやすく好み。

    ジャケ買いです。表紙絵の友風子さん、大学生の頃…十数年前に某イラストサイトで一目惚れしまして、HPをよく見てました。友風子さんの使ってる水彩絵の具も真似して買ったり…懐かしいなあ。まさかこんな大物絵師さんになってるなんて。子供が幼稚園でもらってくる「よいこのがくしゅう」という絵本に、今月挿絵を描かれたそうで、持ち帰ってくるのが楽しみです。おめでとうございます。

  • ほんわかするお話です。

  • ①香り袋と桜餅、秘密入り②小さなあゆと、小さな依頼③消えたうさぎと水無月と④続く雨と涙のわけ、京都寺町シリーズが気に入って、手に取ってみたが、登場人物たちにも癖があって楽しめた。中でも吉乃さんは実祖母とイメージが重なり嬉しくなった。次巻が楽しみ!

  • 読みやすかった。

  • 手軽に読めました。

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

望月 麻衣(もちづき まい)
北海道出身・京都府在住。2013年、E★エブリスタ主催「電子書籍大賞」を受賞し、作家デビュー。
2016年『京都寺町三条のホームズ』で第4回京都本大賞を受賞、『月刊アクション』でコミック化された。同作は2018年7月からテレビ東京系でアニメ化。

望月麻衣の作品

わが家は祇園の拝み屋さん (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする