ねこ戦 三国志にゃんこ (単行本コミックス)

  • KADOKAWA/角川書店
3.75
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041038680

作品紹介・あらすじ

猫漫画の第一人者、そにしけんじの新作は中国歴史大河ロマンの「三国志」! 当然キャラクターは全部猫! おなじみの劉備、関羽、張飛が個性豊かな猫キャラに変身してゆる~く可愛く戦に励む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ねこねこ日本史」よりも「ねこ戦」の方が面白いんではないかと思った。登場人物が少ないので、覚えやすいし話題にしやすい。5歳の娘も「劉備かわいい」とお気に入り。

  • 猫の種類で比較的見分けがつきやすいのと、四コマを5セットくらいで、一つの闘いを完結させてあるので、三国志の○○の闘いをさらっとおさらいできて読みやすいです。
    それプラス闘いは猫らしく、戦う前に寝てみたり、猫じゃらしで、軍をかき回されたりと、猫である面も全面に出てて可愛いかったです。

    主役?アビシニアンの劉備が、「可愛い」で世をわたってるのとか、間違ってないかも?と思ってしまいます。

  • ねこでもわかる三国志。
    結構忠実に描かれています。
    先が楽しみです。
    それにしても、よく内容をねこに合わせて考えるものです。

  • 三国志のパロディ漫画です。
    アマゾンでは評価が悪かったのですが、私はこれはこれで
    いいと思いました。
    劉備と曹操が可愛い!お気に入りです。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1969年札幌生まれ。筑波大学芸術専門学群視覚伝達コース卒業。大日本印刷株式会社勤務を経て、漫画家となる。 主な作品に、『猫ラーメン』(マッグガーデン)、『ザリガニ課長』(講談社)、『動物のカメちゃん』(小学館)などがある。現在、読売新聞日曜版掲載の「猫ピッチャー」のほか、『とろ~りカビうさ』(主婦と生活社)、『ねこねこ日本史』(実業之日本社)、『ねこだからね。』(幻冬舎)など連載多数。

「2018年 『猫ピッチャー 8』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ねこ戦 三国志にゃんこ (単行本コミックス)のその他の作品

そにしけんじの作品

ツイートする