つくもがみ、遊ぼうよ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.58
  • (8)
  • (29)
  • (22)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 309
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041038802

作品紹介・あらすじ

深川の古道具屋「出雲屋」には、百年以上の時を経て妖となったつくもがみたちがたくさん! 清次とお紅の息子・十夜は、様々な怪事件に関わりつつ、幼なじみやつくもがみに囲まれて、健やかに成長していく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • つくもがみシリーズ第二作。

    損料屋出雲屋、前作では姉弟で育った二人の恋話だったのに、
    いきなり子供が出来てた。
    ちょっと話が飛びすぎ…。
    まあ、百年を超える付喪神が主人公とあっては、
    十一、二年ぐらいたつのはあっという間なのかもしれないが。

    すごろくに捨て子の話がからんでくるが、
    どうも面白くない。
    付喪神たちが神たる由縁がはっきりしなくて、
    思い入れがないからか。

  • やっぱり、いいわー。
    おやつ大好きなつくも神たち。
    家出しても、それってあり?(笑)
    跡取り騒動は、子供がかわいそうで、犯人たちが憎くて
    たまらない。
    地獄に落ちろ!

  • つくもがみシリーズ第2弾。「つくもがみ貸します」の後日談。
    (レビュー)
    https://booklog.jp/users/lilyca/archives/1/4043888023

    晴れて夫婦になった深川の古道具宇屋「出雲屋」の清次とお紅。時は流れ、息子の十夜もいます。おなじみの付喪神たちは、天真爛漫な子供たちに振り回されて大変。

    前回まで主人公だった二人は脇役に回り、今回は子供が中心になっているため、ずいぶん雰囲気が変わり、ワイワイとしたにぎやかさでいっぱい。

    大人には偉そうな態度で臨めても、道理お構いなしの子供相手にはいつもの調子が出ずに振り回されてしまう付喪神たちの様子が面白おかしく描かれます。

    今回は双六の付喪神が登場。子どもたちと付喪神が知恵を絞り、力を合わせて強盗団やお店の乗っ取りに知恵を絞って対抗していきます。

    その途中で、大きな家族の秘密が開かされます。予想していなかった展開に驚きますが、家族の絆で、悲劇には転ばずに済みます
    前作からよく採り上げられてきた清二の出自がここで大きな意味を成すわけですね。

    江戸時代は独身男性が多かった時期ですが、捨て子も多かったのだそう。また同時に子どもを欲しがる夫婦も多く、捨て子はすぐに別の家にもらい子として迎えられたのそうです。

    たとえ血がつながっていなくても暖かくて幸せな家族を作ることができた江戸時代。本当の親子なのに容赦ない虐待被害が後を絶たない、すさんだ現代と比べて、当時のことがうらやましくなりました。

  •  ほっこり安心の畠中さん。付喪神たちのお気楽さに加え、主人公が子どもたちに代替わりしたこともあって、他のシリーズと比べても頭一つ飛び出したゆるさです(笑) 今作は「付喪神」と「質屋」という設定がいまひとつ生きておらず、しゃばけと似たり寄ったりな展開になっているのが少々残念。
     それにしても畠中さん作品は、どうしてこう、どれを読んでも飯テロなのか……!

  • 図書館
    つくもがみ貸します、読んだと思うんだけどな。
    履歴で出てこないから読んでないのかな?
    両親の名前を読んでも全くピンとこない2作目。
    でも、直前に読んだゆめつげよりは、期待してた内容だったかな。

  • 前作全く覚えていなくて、あとがきを読んでメインの人間が代替わりしてたことに驚いた。子供たちのためにつくもがみが奮闘していたけど、いろいろ散漫になってあまり頭に入らなかった。

  • 江戸時代を舞台に、妖(あやかし)たちが活躍するファンタジー小説、『しゃばけ』シリーズ。

    『すえずえ しゃばけシリーズ13』畠中恵
    https://booklog.jp/users/makabe38/archives/1/4101461341

    数々登場する妖の中で、ひとつのカテゴリーになっているのが、付喪神(つくもがみ)。
    器物が大切に扱われ、百年が経つとその身が妖となり、話をするようになる。

    そんな付喪神を主人公にして書かれたのが前作、『つくもがみ貸します』。
    その続編の文庫版が6年ぶりに出版されていたと知って、読んでみることにしました。

    舞台は今回も、江戸深川にある古道具屋兼損料屋、出雲屋。

    前作では、わけあって姉と弟という間柄だった、ふたりの主人公。
    その後、夫婦となり、今では11歳になる男の子の親となっています。

    今回の作品では、その子供と幼馴染の3人が、中心となった物語。
    出雲屋にあらたに、双六(すごろく)の付喪神が来たところから、話が始まります。

    付喪神と、双六の勝負をすることになった子供たち。
    その勝負を発端に起こる騒動と、それに対峙する子供たちと付喪神の姿が、5つの連作短編集の形で収められています。

    物語の軸になっているのは、新たに登場した”大金持ちの札差”の、跡取り騒動。
    その騒動を通じて、この時代の親と子の関係、家族の絆といったことを、読者が理解できるような内容になっています。

    子供が主人公ということで、前作とは雰囲気もずいぶんと変わり、やわらかいタッチで描かれています。
    前作からいっきに10年以上が経過しているというのも、妖が主人公、という設定ならではですね。

    第3弾はまた期間をあけて発表されるのか、どのような舞台設定になるのか。
    その発表を、気長に待ちたいと思います。
     .

  • 前作に比べ、付喪神達が人間に対して歩み寄ってきた感じ。
    特に子供達に対しては「友」という言葉を使うほど。

    「つくもがみ、家出します」で、子供達3人の窮地を救おうと付喪神達が必至になってる姿は、不謹慎かもしれませんが、なんだかちょっと可愛いいです♪

    「しゃばけ」と似ている感じは否めませんが、こちらも続刊を楽しみにしてます。

  • 2016年4月30日購入。
    2018年7月11日読了。

  • 2017 2/11

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

つくもがみ、遊ぼうよ (角川文庫)のその他の作品

つくもがみ、遊ぼうよ 単行本 つくもがみ、遊ぼうよ 畠中恵

畠中恵の作品

つくもがみ、遊ぼうよ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする