娘役

著者 : 中山可穂
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年4月27日発売)
3.64
  • (8)
  • (26)
  • (22)
  • (2)
  • (1)
  • 148人登録
  • 29レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041038840

作品紹介

宝塚の娘役と、ひそかに彼女を見守り続ける宝塚ファンのヤクザの組長。決して交わるはずのない二人の人生が一瞬、静かに交差する――。
宝塚歌劇団雪組の若手娘役・野火ほたるは新人公演でヒロインに抜擢され、一期上の憧れの先輩・薔薇木涼とコンビを組むことになる。ほたるの娘役としての成長とバラキとのコンビ愛。そんな彼女をひそかに遠くから見守り続ける孤独なヤクザ・片桐との、それぞれの十年をドラマティックに描く。『男役』に続く、好評の宝塚シリーズ第二弾。

娘役の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作の『男役』は、宝塚大劇場に永遠に存在し続けるファントムさんの、
    切なくもひたすら美しいファンタジーでした。
    今回もてっきり宝塚の『娘役』さんのお話かと思っていたら、
    いきなり、ヤクザのヒットマン登場!
    宝塚とヤクザ、最初は違和感たっぷりでしたが、とても良かったです。
    (ただ一箇所、どうしても受け入れられない部分が…。)

    義理人情に厚く、昔気質の任侠道を貫く天下の大親分・オニケン。(通称・ムッシュ)
    オニケン暗殺の密命を受け、尾行する鉄砲玉・片桐。
    この二人の師弟関係がとても好き。
    反社会勢力ではあっても、五十年来、宝塚をこっそり愛し続けたムッシュが率いる
    組のモットーは「品格・行儀・謙虚」
    (本当は「清く・正しく・美しく」にしたかったらしい。笑)
    ムッシュとの出会いがきっかけでヅカファンになった片桐。
    その片桐が憧れ続けた娘役・野火ほたる。(通称・のび太)
    このタカラジェンヌの話もとても良かったんですが、
    ヤクザ達の印象が強すぎてしまって…。

    あぁ、でも、どうして花の道なんだろう…。
    のび太のトップ娘役のお披露目公演、
    その晴れ舞台の初日に花の道でなんて、あまりに惨い。
    片桐はカタギになったはずなのに…。
    「神聖な宝塚大劇場を、極道の血で穢したらあかん」
    かつて、オニケンだってそう言っていたのに。
    のび太の晴れ姿、一目観させてあげたかった。
    あぁ、せつない。

    でもこれからは、誰憚ることなく観劇できるんですね。ムッシュと一緒に。

  • 本筋に関係ないが、番犬を保健所に、っていう箇所が気になる。

  • ヅカあるあるが満載でとても興味深かったのと
    普段観ている宝塚の舞台や 自分の経験が重なって
    涙、涙の作品でした。

    「男役」には 舞台事故で亡くなった 扇乙矢の亡霊が
    夜遅くにお稽古していると そっと出てきて励ましてくれる…という設定でした。

    さて…「娘役」は?というと
    娘役・野火ほたると 彼女を見守るヤクザの組長…?? 
    え~~~っ
    面白いのかしら?? と 本の帯を見て思いました。

    が、小説の冒頭の一文に ガッシと心を鷲掴みにされて…
    もう一気読み!! 一日(数時間)で読んでしまいました。

    男役さんの広げた大きな腕の中は、夢のゆりかご。
    私を邪悪なものから守ってくれる暖かなシェルター。
    私は巣に戻る小鳥のように、甘くかぐわしいその腕の中に向かって
    まっすぐに駆けてゆく。
    あなたの腕が私を軽々と抱き上げ、回転が始まる。
    私のドレスの裾とあなたの燕尾のテールが平行線を描きながらくるくると回る。
                              本文 冒頭より引用

    宝塚とは無縁のヤクザが どのようにストーリーに絡むのだろうか?と
    思っていたのですが 
    そこは さすがに ちょっと「いい人」な昔気質の任侠道に生きる組長。

    衝撃のラストシーンに驚かされました!!

    今回も ヅカネタ満載でしたが

    組長の片桐が 250本の真紅の薔薇の花束を
    野火ほたるに差し入れしようと 楽屋口に持って行くシーンには

    お花の差し入れお断りしております…と ひとりごちてしまいました^^;

    今日は お出かけしていて主に往復の電車の中で読んだのですが
    目頭が熱くなって ウルウルしてきて 平静を装いながら読みました。^^;

    ほたるは 新人公演で主人公の子役時代の役をもらうのですが
    役が憑依したかのように 全身全霊で演じ
    「伝説の新人公演」と語りぐさになるほどだったのですが…

    「全体のバランスや力の抜き加減を勉強しないとね」と 相手役に言われてしまいます。

    やりすぎると 全体の芝居を壊してしまいかねない。
    下手に主役を繰ってしまえば悪目立ちということになってしまう。
                            以下 斜体緑字部分  本文より引用

    先日 花組の和海しょうさんが 同様の事をスカステニュースでおっしゃってました。
    自分のしたい芝居をするのではなく 「全体のバランス」を考えてほしい、と
    「ノクターン」の時に、演出家の原田諒先生に言われたそうです。


    宝塚の娘役たるものは稽古場や入出のさいにも常に身だしなみに気を配り
    可愛く美しくあろうと心がけなければならず

    最近では 入出待ちの写真がSNSでも拡散されるのでますます大変です。

    研2で新公娘役主演に抜擢されたのは 歌が巧かったから。
    ダンスに苦手意識があり 相手役の人気男役・薔薇木涼に
    遠慮意識もあり 大切なデュエットダンスのリフトで転倒してしまい、
    ますます弱気に…

    薔薇木涼はプロデューサーから組替えを言い渡されます。
    「おまえに一番足らんもんは色気や。真面目で誠実な人柄がそのまま舞台に出過ぎている。
    花組で目殺しを修行してこい」  <中略>

    花組は最も歴史が長く、男役のキザさ加減では群を抜いていると言われる。

    そのとーーーり!!
    そして 花組は かわいいね、すてきだよ、と相手に伝えるのが普通だから、
    花組から宙組に組替えになった まぁ様(朝夏まなと)が宙組で同じように言ったら…
    「チャラ男」と呼ばれる羽目に…( ̄∀ ̄) 組のカラーの違いってスゴイんですね^^;

    男役・花瀬レオンがお芝居で娘役に挑戦することに。
    ありますね、男役さんが スカーレット・オハラとか ジャッキー(ミーマイ)とか。

    娘役とは宝塚以外の世界にはいない。一から十まで作り込まれた、
    男役のためだけに存在する幻の女なのだ。
    男役は特殊な存在だが それはさらに特殊な娘役という存在によって成り立っている。
    女性が男性を演じる男役より、実ははるかに難しいのではないか。

    …とよく言われますね。

    「娘役」の宝塚部分は 読んでいてはっきりと思い浮かべることができて
    本当に楽しかったです!

    チンピラの片桐は、大鰐組の元組長 通称ムッシュ殺害の密命を受けて
    尾行をしているうちに 宝塚大劇場に迷い込みます。
    ムッシュは ヤクザの親分ながら 密かに「宝塚観劇」の趣味があった、という
    突拍子もない設定ですけど 読まされ、泣かされます。

    宝塚とヤクザが絡む小説、
    気がついたら 温かい気持ちに満たされていました。

    自分の本だったら マーカー引いておきたい文章がたくさんありました。^^

    ほたるが 組プロデューサーのところへ 退団の意思を伝えに行って
    慰留される件は とてもリアルで 
    実際もこんな感じなのかしら、と参考になりました^^

    今回初めて知ったのですが 著者の中山可穂さんは
    大学卒業後に劇団を主宰、作・演出・役者をこなされていたとか。(Wikipediaより)
    舞台に造詣が深いからこそ、の作品なのですね。
    そして 自身、宝塚ファンだそうです、なるほど真実味があるわけですね♪

    サクッと読める ライトノベルですが
    ヅカ初心者には 目からウロコの情報満載の作品。

    おすすめです!

  • 男役がより宝塚の内面を書いたなら、娘役は宝塚を支える外側を書いた話。

    なににおいても、エピソードやら芝居やらがこの話をモチーフにしてるのでは?とかもろもろ考えちゃうのは仕方ない。

    でも、今回はギリというヤクザもんが絡んできて
    まったく違ったファンタジー感激しい話に。
    こんなんあるわけない!と思いつつ、それでもなんだか一心にファンを続けるその思いに酷く心打たれる。

    そして最後は泣いてしまう。
    劇画のようなあるわけないやん!な訳だけど
    でも泣けるんです。

  • 宝塚の世界はわからないけれど、ヤクザの世界はもっとわからない。でも、こんな世界があるのかも、と思わせてくれる。それぞれの感情が鮮やかに伝わってきました。


    ラストは切なく、しかし美しく。
    映像が脳裏に浮かびあがりました。

  • 純粋に面白く読んだ。宝塚メインではなく任侠の話も多かったからかえって良かったのかも。「男役」読んだくらいで宝塚の事は無知だけど観てみたいなと思わされた。一生のうちに1度位見たいものです。
    最後やはりそうかという感じだったので、しょうがないんでしょうが…。また宝塚もの、書いていただきたいです。が、本来の中山さんのスタイルの本も読みたいなぁ。

  • 宝塚愛にあふれるいい作品でした。
    片桐さんがかっこいい!
    でも、ラストは絶対こうなる! と思った通りだったので、星は4つです。
    一番好きな場面は、片桐が泣いているほたるに寿司屋で出会って励ます場面。
    『男役』も読んだけれども、私は『娘役』の方が好き。
    実際の宝塚も結構娘役さんが好きだったりもするし。

    宝塚好きのヤクザという設定はファンタジーかもしれないが、あるとおもしろいな、と思ったりもした。
    こんなヤクザ、あったらいいな。

  • 宝塚と極道の縦社会をリンクさせている
    本物のジェンヌさんとかぶらないようにしてる為か、芸名がダサいのが面白い

  • シリーズ前作「男役」よりも、ファン目線の宝塚ファンタジー。私は前作の方が面白かった。

  • ん~やっぱり、宝塚を見たことがないし正直興味がないので読みやすいけど進まなかったな~。
    一方で、任侠の世界は好きなので大鰐組の組長と片桐の側の物語は楽しめた。
    だけど、中山さんの世界は封印されているので、正直、焦がれるような思いも、ヒリヒリする痛みもなく、つまらなかった。
    最後も予想どおりの結末だったけど、そう来るしかないんだろうな~。

全29件中 1 - 10件を表示

中山可穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする