金田一耕助、パノラマ島へ行く (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041039069

作品紹介・あらすじ

三重県志摩郡、伊勢湾の南端に浮かぶ「パノ ラマ島」に、同級生に誘われて金田一耕助が乗り込んだ。風光明媚な土地に廃墟とも 呼ぶべき威容の建物が建ち並ぶ島で起きた殺人事件を金田一耕助は解決できるのか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金田一耕助と明智小五郎、日本探偵界を代表する二代名探偵、夢の競演!
    と言うにはそれほど同じシーンに立ってるわけではありませんが、やっぱりこの二人が同じ作品に出てくるってだけでも心踊ります\( 'ω')/

    しかも、舞台となるのはパノラマ島と獄門島!それぞれの探偵手腕を発揮した現場をそれぞれが訪れます。金田一耕助はパノラマ島へ。明智小五郎は獄門島へ。

    金田一耕助はキャラ寄せてない感もあったけど、明智探偵の方は地の文のですます調も手伝って割と原作にイメージ近いかな?
    トリックはどちらも結構なトンデモトリックをだったのが何か嬉しかった(笑)。

    この作品単独でも楽しめますが、どっちかと言うと上記二作品を読んだ方が面白さ3割増しでしょうか。


    【ざっくりな内容紹介\( 'ω')/】
    ◎金田一耕助、パノラマ島へ行く…今や廃墟となったかつての楽園・パノラマ島。島に遊興施設を建設しようと試みる風間が旧友の金田一耕助を連れて島に渡った翌朝、身元不明の死体が発見される。唯一の手がかりは帽子に刺繍された「…I KOGORO」の文字。果たして殺されたのは、かの有名な名探偵・明智小五郎なのか?

    ◎明智小五郎、獄門島へ行く…かつて恐ろしい殺人事件の舞台となった獄門島を訪れた明智小五郎と妻の文代、そして助手の小林少年。当時の事件の関係者たちと親しくなる中で、明智は村の人間達の奇妙な行動に不審を持ち始める。ひそかに小林少年に調査させた名探偵があばき出す驚愕の真実とは?

  • 【収録作品】金田一耕助、パノラマ島へ行く/明智小五郎、獄門島へ行く

  • 2016/02/29読了

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1958年大阪市生まれ。同志社大学卒業。読売新聞記者を経て、『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞。主に本格ミステリーを執筆しつつ、ジュヴナイルやアンソロジー編纂・編訳も手掛ける。

「2018年 『名探偵シャーロック・ホームズ 全5巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金田一耕助、パノラマ島へ行く (角川文庫)のその他の作品

芦辺拓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
ピエール ルメー...
有栖川 有栖
米澤 穂信
高野 和明
米澤 穂信
今村 昌弘
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする