怪盗探偵山猫 月下の三猿

著者 :
  • KADOKAWA
3.68
  • (8)
  • (11)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041039083

作品紹介・あらすじ

猿の仮面を被った謎の男たちに襲われた少女を助けた勝村。少女は猿の娘と名乗り、父が遺したある物を見つけるために山猫を探しているという。どうやらかつて世間を賑わした窃盗団・三猿が関係しているらしいが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4作目でちょっと中だるみを感じていたけれど、また一気に加速した印象を持ちました。
    やっぱり面白い!!

  • 久々の山猫シリーズ、新刊!
    いつも通り、予想通りの展開に少々飽きてきた気もしますが ^^; 三猿はきっとまた登場するでしょうし、サツキや犬井のこれからも気になるので新刊が出たらまた読んじゃうんだろうなぁ〜 ^^;

  • 猿が身近な人物に出過ぎ笑
    ただ話自体はいつも通り面白い。

  • 猫に猿に犬。そして勝村くん。次はどうなるのかな。面白くなりそう。

  • 山猫やっと最新刊を読めた。
    まだまだ続きそうだね。
    今回は勝村の扱いが酷かったなw
    勝村も格闘技とかで強くなったらいいのにね〜w
    ていうか、初期に出てきた中学生か高校生の天才ハッカー男の子の登場を復活させてほしいなって思う。
    山猫の立場に立ってると警察が鬱陶しくうつるのは気のせいではないよね?

  • 犬井の親族が半端なかった。

  • エンコウノツキって聞いて漢字に変換できるとは思えない違和感はあるものの、不可能はなさそうな泥棒と仲間たちのスピード感あるエンタメ小説。

  • 4作目を久々に読んで、今度はすぐに5作目。狂犬、犬井の生い立ちが明かされる。まあ、しかし、いつも痛快に終わって結構!

  • 今回も華麗な怪盗をありがとうございます。
    犬井さんの過去が衝撃的過ぎて驚きです。

  • 相変わらずの山猫との再会が嬉しい。
    勝村とさくらの関係、進展しないね~(笑) 犬井の過去が、あまりにも過酷でびっくり。それが、今回の事件に 関わっているし。
    猿コウの月が何なのかにはびっくり。そんなことが本当にあったら 恐ろしい。
    犬井の勝村への疑いは、もう確信になっちゃってるし、これからの 動きが気になる~。
    早く読みたい。
    牧野はどうするかな。 わくわくする。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

かみなが・まなぶ
1974年山梨県生まれ。日本映画学校卒。2003年『赤い隻眼』を自費出版する。同作を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』で2004年にプロ作家デビュー。代表作「心霊探偵八雲」をはじめ、「天命探偵」「怪盗探偵山猫」「確率捜査官 御子柴岳人」「浮雲心霊奇譚」「殺生伝」「革命のリベリオン」などシリーズ作品を多数展開。著書には他に『イノセントブルー 記憶の旅人』『コンダクター』がある。

「2018年 『悪魔と呼ばれた男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

怪盗探偵山猫 月下の三猿のその他の作品

神永学の作品

怪盗探偵山猫 月下の三猿を本棚に登録しているひと

ツイートする