宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)

  • 42人登録
  • 4.14評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 西崎 義展  結城 信輝  宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会 
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041039878

作品紹介

デスラー総統暗殺! 混迷するガミラスの一方、ヤマト艦内に不穏な空気が! ヤマト2199公式コミカライズ第8巻!

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ヤマト側の人間関係が動くビーメラ星譚を中軸(改変と補完多し)に、ガミラス本星内の不穏分子鎮圧描写を今後の伏線として挿入する第8巻。

     伊東真也のキャラと結末の改変は意外ではある。しかもまだ裏面を隠している風。
     とはいえ、そもそもアニメ本編の如くビーメラ譚で事実上退場させるには惜しい存在感。本作なら後の展開も期待できそうである。

     一方、細々した性格描写と夫々のキャラクターの過去を垣間見させる台詞回しが彼方此方に。新見然り、星名然り。
     他方、古代と島の、言葉を交わさずとも信頼し合える関係は、旧作を彷彿させる描写で何気にうれしい。

  • 首謀者が星名になってる
    あれー?

全2件中 1 - 2件を表示

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

むらかわみちおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする