注文の多い料理店 (角川文庫クラシックス)

著者 :
  • 角川書店
3.51
  • (52)
  • (52)
  • (139)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 653
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041040010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 賢治です。

    やっぱり宮沢賢治の作風というか、文調というか…が自分には合わない気がします。

    きっともう少し大人になったら気づくんでしょうね。

  • 注文の多い料理店は以前に読んだこともあったので平気だったが、

    他の作品は読めませんでした。

  • 注文の多い料理店は短編でとてもシュールな終わり方であった。宮沢賢治作品の特徴は主人公が人間ではなく自然ということである。

  • 正直よく分からない。分からないけどこういうのは理屈で考えちゃいけないんだよきっと!

著者プロフィール

宮沢賢治(みやざわ けんじ)
1896年岩手県花巻市に生まれる。中学生の頃から短歌制作を開始し、盛岡高等農林学校卒業後、童話を書き始める。1921年に稗貫学校(のち花巻農林学校)の教師となり、詩集『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』を刊行。26年農学校を退職して、みずから農民となり、33年に37歳で病死。主な作品に、童話「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」、詩「永訣の朝」「雨ニモマケズ」などがある。

「2019年 『セロひきのゴーシュ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

注文の多い料理店 (角川文庫クラシックス)のその他の作品

宮沢賢治の作品

ツイートする