注文の多い料理店 (角川文庫クラシックス)

著者 :
  • 角川書店
3.51
  • (52)
  • (52)
  • (139)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 653
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041040010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本じゃないです。
    ホントは
    ISBN978-4-04-104001-0
    注文の多い料理店 宮沢賢治 角川文庫
    です。
    amazonになかったので登録できませんでした

  • 読んだことのある話と知らない話が半々位ありました。
    挿絵や物語毎の表紙が発行当時のものとかで雰囲気が良かったです。

  • メルヘン・ファンタジー。幻想世界。心象風景…
    いい意味の戸惑いを感じたのは、児童文学ゆえか。頭が固くなっているのかなあ。
    やはりタイトルにもなっている「注文の多い料理店」が強く印象に残っています。

    方法というのはおそらく想像するよりも沢山あるのだろうなあ…

  • 今改めて読み直してみると、宮沢賢治が持っていたイマジネーションの大きさに驚かされます。
    空想、架空、幻想、そんな言葉で表現することが申し訳ないような、
    自然の懐に抱かれて人は生きていることを実感させられます。

    表題作「注文の多い料理店」はあまりにも有名な作品ですが、
    子どもの頃漠然と読んだ教科書の中の物語としてではない面白さが満載です。
    例えば言葉の使い方。「すぐに食べられます。」なんて、自分が食べる側なのか、
    逆の誰かに食べられてしまう側なのか、どっちの意味にも受けとれる言葉を、
    小学生でも分かるように使っているところが、テクニックとして面白いです。
    これ、簡単なようでかなり高度なワザなはず。
    そして何気にミステリーだし。(笑) 会話が成立しているのに、相手の姿は1度も登場しません。
    相手はナニモノ・・・。これ、よくよく考えると結構怖いかも。
    全体的に自然を擬人化したお話が多いですね。賢治が自然とともに生きようとした証なのかも。
    「月夜のでんしんばしら」もユニークな作品でした。月夜に鉄道線路沿いの電信柱が行進するお話。
    彼ら電信柱の大将である”電気総長”さんが、最後に明かりの消えた汽車にもぐりこんで明かりを灯し、
    小さな子どもに喜びを与える終わり方から、やさしさが伝わってきました。

    落ち着いたらまた花巻の「賢治村」に行きたいです。
    ★★★☆

  • 大人になってもおもしろい!
    どんぐり、料理店も好きだけど、
    鹿踊りと水仙月がとても好き。

  • 「魔王」伊坂幸太郎

    を読んで
    思わず買った

    ゆっくり読もう
    と思う

  • 「どんぐりと山猫」、「狼森と笊森、盗森」、「注文の多い料理店」、「烏の北斗七星」、「水仙月の四日」、「山男の四月」、「かしわばやしの夜」、「月夜のでんしんばしら」、「鹿踊りのはじまり」の9作を収録。

    宮沢賢治を読むのは、
    教科書以外では初めて。

    自然と人間が共存している
    平和な日々を思わせる作品の世界は、
    穏やかな気持にさせてくれる。

  • 動物が出て来て喋る話は基本的に私のツボです。

  • 小学校で読んだよね、注文の多い料理店。
    この歳になって改めてきちんと読んでみるのもいいかなと思い。

    豊かな想像力を以てして読まなくちゃ、難しい。
    子供向けの童話だから、それで正解。でも、難しい。

    宮沢賢治って法華経を布教してて、この童話集自体も
    布教の一部といってもいいらしい。
    そういう宗教観もあいまってか
    序の部分にあるように、自他共に認める
    「わけのわからぬ部分」があるとのこと。ふむー

    だけど、一冊通してみられる様々なバリエーションでいて
    心がほんわりするような擬音語・擬態語の数々が
    とても「いい!」と感じました。日本文学の美しさです。

著者プロフィール

宮沢賢治(みやざわ けんじ)
1896年岩手県花巻市に生まれる。中学生の頃から短歌制作を開始し、盛岡高等農林学校卒業後、童話を書き始める。1921年に稗貫学校(のち花巻農林学校)の教師となり、詩集『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』を刊行。26年農学校を退職して、みずから農民となり、33年に37歳で病死。主な作品に、童話「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」、詩「永訣の朝」「雨ニモマケズ」などがある。

「2019年 『セロひきのゴーシュ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

注文の多い料理店 (角川文庫クラシックス)のその他の作品

宮沢賢治の作品

ツイートする