風の又三郎 (角川文庫 (5414))

著者 :
  • 角川書店
3.06
  • (0)
  • (3)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041040065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どっどど どどうど どどうど どどう

    何度読んでも、どんなアクセントで読んだらしっくりくるのか、正解に辿り着けない。

    ●風の又三郎
    ●とっこべとら子
    ●祭の晩
    ●なめとこ山の熊
    ●土神と狐
    ●虔十公園林(ビジテリアン大祭にも収録)
    ●化物丁場
    ●ガドルフの百合
    ●マグノリアの木

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大正・昭和時代の詩人・童話作家。岩手県出身。農学校の教師をしながら,詩や童話を書いた。『銀河鉄道の夜』『どんぐりと山猫』等の童話や、詩『雨ニモマケズ』など名作を多数創作。

「2018年 『注文の多い料理店/野ばら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮沢賢治の作品

ツイートする