終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#01 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : ue 
  • KADOKAWA/角川書店
4.10
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041040409

作品紹介・あらすじ

〈人間〉は規格外の〈獣〉に蹂躙され滅びた。〈獣〉を倒しうるのは、〈聖剣〉(カリヨン)を振るう黄金妖精のみ。戦いののち、〈聖剣〉は引き継がれるが、力を使い果たした妖精たちは死んでゆく。「誰が恋愛脳こじらせた自己犠牲大好きよ!」「君らだ君ら! 自覚ないのかよ自覚は!」廃劇場の上で出会った、先輩に憧れ死を望む黄金妖精(レプラカーン)と、嘘つき堕鬼種(インプ)の青年位官の、葛藤の上に成り立つ儚い日常。次代の黄金妖精たちによる、新シリーズ開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「忘れちゃったの? もともと妖精兵って、そういうものでしょ」
     にへ、と。力なく笑う。
    (p127「壊れかけた天秤の右と左」)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    コルナディルーチェ市の戦いから五年。
    一度は去ったかに思われた〈獣〉の脅威が、
    ふたたび浮遊大陸群を「終わり」へと向かわせつつあった。

    そして、聖剣に見初められた妖精たちの戦いも、また続く。

    未知の〈獣〉との戦争を目前に控えた護翼軍第五師団。
    その青年士官フェオドールのもとに、四人の部下が配属される。

    天真爛漫で夢見がちな「少女」にしか見えない四人だったが、
    その素性を調べるうち、
    フェオドールは自身が追い求めていた「ある兵器」の正体にたどり着く…。

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    いったいどんな「終わりの続き」となるのか、
    期待高まる「すかすか」第二部幕開けです!

    …まさか、第一部の「否定」から始まるとは。
    立派で「正しい」と認めながらも、あえてそれを否定する、
    ひねくれた勇気の物語。
    今後の展開、そして第一部のエピローグにどうつながってくるのか、
    いやおうなく楽しみな新シリーズです!

    そして、前作のヴィレムが「異邦人」であったのに対し、
    浮遊大陸群育ちのフェオドールの視点から見ることで、
    この世界の多様さ・複雑さが、また違った側面から描き出されるのも注目です。
     それではっ

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

クリエイター集団A‐TEAM所属。2002年にPCゲーム『Wind -a breath of heart-』のノベライズで富士見ファンタジア文庫よりデビュー。代表作は「銀月のソルトレージュ」(富士見ファンタジア文庫/全5巻)。近年は、PSPソフト『サモンナイト5』(2013年)のシナリオを担当するなど、多方面で活躍。

「2018年 『終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#06』 で使われていた紹介文から引用しています。」

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#01 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

枯野瑛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#01 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする