ヒマワリ:unUtopial World (2) (角川スニーカー文庫)

著者 : 林トモアキ
制作 : マニャ子 
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年6月30日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041040423

作品紹介

同級生・桐原士郎に関わったせいで、無差別バトルゲーム「聖魔杯」に参加することとなったヒマワリ。マフィアをも巻き込んで、時価10億の”商品”を探す「宝探し大会」が開催される中、なぜかアリスが攫われて!?

ヒマワリ:unUtopial World (2) (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後のはどっちだろうねぇ。うまいといえばうまいか。
    まあ、主人公がすさまじくいかれているのは正体がなんであれ、変わらんけど。
    ただの女子高生でないことは確かだし。

  • ある意味狂った女子高生精霊サーガの2巻目。前よりカラーギャングが増えたりいろんな裏勢力も登場したり、前シリーズの方々もいろいろ暗躍したりして、登場人物マシマシでお送りしております。名前のみだけどついに出てきた魔眼王とか本格登場があれば楽しみ。本編のほうはヒマワリちゃんの高スペックぶり(というか高耐久ぶり?)の謎に拍車がかかる中、全権代行まで出てくる始末。一気にストーリーが進みそうな感はあるけどどうなるやら。何はともあれ順調にいつもどおり風呂敷が広がってきた感じかな?(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

ヒマワリ:unUtopial World (2) (角川スニーカー文庫)のその他の作品

林トモアキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒマワリ:unUtopial World (2) (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする